8月

 仕事編
 生活編
 自宅建て替え編

◆仕事編

 先月の最終週に必死に練り上げた事業の方向転換が認められたことから8月がはじ
まる。1日の朝、出勤したら机の上に「タスク管理シートの叩き台を作ってください」とい
うメモが貼られていた。今月中にはもっと詳細な事業計画を書く必要がある。ここに職
を得てからずっと進めてきていた(わたしに求められてきていた)事業のほうも並行して
準備は進めていくのだけど、しばらくはこちらが優先となるような気がする。


街のお化粧品やさん 真剣になれ!

 2日は、がんばっているお店、話題になっているお店の視察。南船橋をスタートに千
葉、都内に戻って日比谷、新宿、そして調布と11店舗を駆け足で見て回った。デスクワ
ークであれこれ考えるのもいいけれど、「人の振り見て我が振り直せ」ではないが、現
場を見ることでわかることは多い。もっとも感じられたのは、規模の大きいお店、資金力
のあるお店が、その力を使ってあたらしい流れを作ろうとしているということ。金にあか
せてやっているものの必ずしも成功していると思えないものもあったけれど、街のお化
粧品やさんの危機感のなさにくらべて、大手やチェーンドラッグのこの動きは見過ごせ
ない。ますます格差が広がっていきそうだ。


 とくにドラッグストアの動きには注視する必要がありそうだ。業態内の競争の激しさか
らあたらしい可能性を模索している中で、確実に化粧品というカテゴリーへの傾斜を深
めている。今までは大手メーカーのマスリーディング商品をOFFセールすることで、集
客の目玉としてきていたドラッグストアも、このOFFプライスが横並びで「定価」となって
しまった今、もう価格では差がつかない。そこで、クチコミで評価の高い商品を品揃えし
たり、まだ無名のセンシティブ肌対応のブランドを「育てよう」としていたりする。


 基本的にはセルフ販売で、POPやショーカードで訴求していくというスタイルだけど意
外なほどスペースを割いているお店が増えている。とくに駅近くや駅ナカのドラッグスト
アでその傾向が顕著だ。駅ナカなどの場合、従来のイメージはサラリーマンが立ち寄っ
てドリンク剤を飲んでいくというものが強かったが、今は大きくその色合いを変えつつあ
る。今まで以上に20代〜30代前半のボリュームゾーンを駅でせき止められることにな
りそうだ。これで簡単なカウンセリングが加わったりしたら、街のお化粧品やさんにとっ
てかなり脅威となるはずだ。


 もうひとつ気になったのが、某大手メーカーが8月下旬に発売を予定している大型メイ
クブランドをめぐる動きだ。今まであった2つの大きなマスリーディングブランドを合体さ
せて登場させるこのブランドは、すべての業態に投入される。そのため、化粧品専門店
の取り組みにむけての意欲はあまり強いものが感じられない。何人かの知り合いに聴
いてみても「あまり積極的にはなれないな」という声が帰ってくる。メーカーもそのあたり
を見越してか、超大型ブランドというのに化粧品店に対してのテスターなどのバックア
ップはかなり絞り込んでいるようだ。


 その一方で、店舗視察の途中でのぞいたチェーンドラッグでは、こんな小さな店舗に
も?と思われるところにもテスターがちゃんと入っていて「予約受付中」のPOPがつけ
られていた。本部との契約だから全店にまんべんなく置くことができるのだろう。ドラッ
グストアやスーパーなどの量販店にとっては、商品に価格が印刷されない「ノープリン
トプライス」のブランドは、値段が通らないマスブランドばかりの中で「○○%OFF」とい
う表示ができないこともあって待望久しいものなのだろう。ここに化粧品店との取り扱い
に対する意気込みの差が見てとれる。


 でも、「ちょっと待てよ!」って言いたい気分。元はといえば「ノープリントプライス」とい
うのは化粧品店の集まりである化粧品組合がずっと訴えてつづけてきていた仕組みだ
し、おそらく大量のCMを投下するであろうこのブランドを扱わなくてどうするっていうの
だろう。街のお化粧品やさんだけが扱うことのできる「マイナー」なブランドだけ置いて
いることが「化粧品専門店」と認められることと勘違いしてはいやしないだろうか。たと
え、これがOFFセールがおこなわれるものだとしても、旬の大型ブランドを取り扱わず
にいて、「うちは化粧品専門店でございます」と言っていてはますますお客さまを遠ざけ
ることになるような気がしてならない。


 2日、店舗視察から戻って夕方に出社したところで「社員証」のICカードを受け取る。
これがオフィスフロアへの入退室と、早朝・深夜のビルの入館証となる。きょうまでは顔
写真のない「テンポラリ」カードだったのだけど、きょうから顔写真入りの「わたし」のカ
ードとなった。仕事の面では一員として認めてもらっている(?)けれど、これで名実共
にI社の人となったことを実感。


新・サービスの行方

 弊社のお盆休みは11日から15日の5日間。月末までに具体化する必要のある事業
計画のほうは行きつ戻りつしている。「儲かればなんでもいい」とか「お金になりそうな
ことはなんでもやる」という会社ではないので、わたしたちのもっている化粧品に関する
データという財産を、ユーザーにとっても、クライアントにとっても、そして弊社にとって
も、いかによりよいかたちで世の中に送り出すかというところで、その手法を何度も何
度も見直している。


 休み前の10日は、きょう一日働くと5日間が待っているとあって、大人の職場にも夏
休み前の小学校のようなウキウキした空気があった。しかし、休み前に終えておかなく
てはいけないという仕事も多く、きょうは某社の営業さんの往訪とディビジョンミーティン
グの間に30分しか時間がなく、お昼を外に買いに行く時間がなかった。オフィスグリコ
(社内の置き菓子)のクッキーとコーヒーですませる。


 描こうとしている事業の画はちょっと軌道修正が必要な気がする。お盆休み前の夜と
いうことで、ディビジョンのメンバーと暑気払い。オフィサーを含めて7名、うち女性4、男
性3のチームなのだが、本日は他の男性メンバーは都合があわず欠席、ということで、
女性4、男1という5人、わたしとしては、両手に花どころか両手両足に花というところ。
ベルギービールの専門店でわいわいと話し込む。


 そのあと、まだ飲み足りないぞ!、しゃべり足りないぞというメンバーと3人で2次会。
「終電までだよ」というはずが、話が盛り上がってしまうとまぁいいかという感じになるの
が呑兵衛の性というところ。でも、仕事の話も結構していた真面目な(?)3人だった。
トップダウンでやらされるという仕事というのはイヤだけど、どういう方向に画をもってい
けばいいのかが見えない仕事というのもつまらない。あるいは、一生懸命描きあげた
のに上で簡単にくつがえされることが少しでもわかっているのならはじめからその可能
性は知らせておいてほしい、ある程度のサジェスチョンだけがあって、そのなかでじぶ
んの持てる力によってよりよいものを作り出す。決して受け身じゃないけれどそんな流
れがいいかもというような話が女性陣からでてきていた。


 結局お店を出たのが3時。このまま時間をつぶして始発で帰るという選択肢も考えな
いわけでもなかったけれど、一度タクシーでどのくらいで帰れるかを測っておくのも悪く
ないと車に乗り込む。乃木坂から氷川台まで6240円也。頻繁にあっては困るけれど、
思ったほどはかからなかった。


リスタート

 お盆休み明けの16日。東京は激しい雨の朝を迎えた。メドを立てる期限が近づいて
いる仕事もあるので、いつもより早くうちを出る。地下鉄有楽町線はいつもとさほど変わ
りはなかったけれど、池袋からの山手線はガラガラだった。まだまだお盆休み中という
人も多いのだろう。かくいう弊社も、来週2組に分かれて行われる合宿研修のうち、土
曜日にその日程がかかる組の人たちは本日がその代休。フロアもちょっとがら〜んとし
て淋しかったし、いつもはおさえるのが大変な会議室のスケジュールもガラガラだっ
た。


 その会議室のスケージュールがガラガラというのが、幸いにしてというか不幸にして
というか、うちのディビジョンには役だった。今月末をメドに詰めを急いでいる事業計画
だけど、一通のメールがメンバー内に混乱を招いてしまった。時間の制約の中で、ほん
とうにニーズがあるのか、クライアントのウオンツはどうなのかということを検証もリサー
チもしないで、われわれの「肌感」だけで決めていこうとしている進め方に対して、トップ
ダウンなのかボトムアップなのかという方法論のちがいが際だってしまったというとこ
ろ。


 トップダウンなら、迷わず進められるようもっと強力な指導力で道筋を示してほしいと
いう声も出る。ということで、メンバー全員で意思統一を図るために仕切り直し。午前中
の1時間と、午後から2回に分けて4時間、合計5時間のロングランミーティングでリス
タート。本来なら、こういうかたちでキックオフできているべきだったといえる。でも「雨降
って地固まる」のたとえどおり、これでいいほうに一丸となって進んでいけるだろう。


古巣

 18日。化粧品組合の全国組織である全粧協の年に2回の大きな会合「全体協議会」
が開かれていた。その古巣のさらに古巣である情報系の委員会で時間をいただき、化
粧品組合と弊社の共同事業であるネットコンテンツの今後の展開について提案をさせ
ていただいた。これまでも「古巣」に顔を出すと、どうにも不思議というか、もぞもぞする
ような感じがしてしかたない。きょうも多くの委員さんに温かく迎えられたのがとてもう
れしかったが、前回の委員会まではそちら側にいたのになぁ・・・と、やっぱり妙な気
分。


 共同事業といっても、こちらにとっては「拡大していきたい」といえば、結果的に「利益
をあげたい」とイコールなので、あまり露骨な儲け話は提示したくない。双方にキチンと
メリットのある提案をしていきたいと思っている。今回の提案についてはかつての仲間
ということもあって、委員のみなさんには好意的な受け止め方をしてもらえた。しかし、
この内容では、すべての組合員さんに提案してみたところでおそらく賛同はあまり得ら
れないだろうという結論に至る。まずはもっとハードルを下げて街のお化粧品やさんが
現実の問題としてとらえられるような内容にすべきだから、その話し合いをつづけてい
こうということになった。そういう冷静な判断を下してもらえたというのがありがたい。こ
れが単に企画を持ち込んできただけの人間だったら門前払いだったかもしれない。今
後も、この信頼を裏切らないようにしていきたい。でも、以前にも書いたけれど、今の会
社、今の業界の常識というのに染まりつつあるのかなぁ・・・。


 プレゼンのあともやりとりが盛り上がって予定の時間をオーバー。ミーティングの時間
をずらしてもらう電話を入れながらダッシュで会社に戻る。これって、ちょっと社会人とし
て時間管理がまずかったかなぁ・・・。


前進あるのみ

 19日金曜日。休みの前の日とあってほとんどのメンバーが残っている夜のディビジョ
ンに、弊社のCEOがふらっと顔を出す。「このディビジョンなんだよなぁ・・・」とぼそっと
ひと言。たしかに今はまだ会社にとって収益の柱とななり得ていない。わたしは途中入
社組としてお給料はもらっているもののまだ何も貢献していないに等しい。先のCEOの
ことばは決してわれわれを責めているのではなくて、遠回しに期待を伝えたかったのだ
と思っているのだが、その矢面に立たされている上長は甘えられることばには感じられ
ないだろうなと思う。がんばらねば・・・。

 
 今進めているサービス開発の中でも「コスト管理」の定義の話となる。正社員のみな
らず派遣さんも含めて、1日働くと月給の何分の1という計算はたやすい。いくつかの
業務を行い、それぞれが使命を持って動いていると、給料ってサービスの原価として工
数管理を怠りがちだ。これだけの工数がかかるからこそ、このくらいの料金を取っても
よいはずと自信をもって言えるサービスを作り上げたいものだ。


合宿研修

 22日午後から23日にかけて合宿研修だ。以前にマネージャー研修を泊まりで受けた
ことはあるけれど、今回は全社を対象にして行動基準であるわが社のOSを理解し身
につけようというのが主旨。2班に分かれて全員が参加するのだが、わたしたちのディ
ビジョンは先発組としてこの日程で参加する。会場も宿泊も両国。朝いつもどおりに出
社していくつかの業務をこなした上で向かったのだが、お昼を食べる時間がなくなって
しまって、こんなこともあろうかと あらかじめ昼食用に買っておいたパンを地下鉄大江
戸線の車内で食べる羽目に。座れてよかったというところだけど、準備周到というのは
往々にしてこういう事態を招くもの。


 前回参加したマネージャー研修では、とにかくみんな積極的で発言も活発だったこと
に驚いたのだが、今回の全社員対象の研修でもみんな臆するところなく発言もするし
プレゼンもする。うかうかしていると何も意見を述べる間もなくディスカッションが終わっ
てしまうくらいの勢いだ。退路を断ってここに賭けているおじさんもここは負けられない。
べつに比較したり、優劣をつけようとは思わないが、これまで関わってきたいくつかの
組織や団体は、それがボランティア的な成り立ちであったせいもあるのだろうが、じつ
に甘かったなぁと思わざるを得ない。真剣であることはたしかなのだが、本業は別だと
いう意識がどこかで常に働いていて、スピード感に圧倒的に欠けていたと言わざるを得
ない。


 研修は23日夕方6時すぎに終わった。ほとんどの人が直帰したが、わたしはどのみ
ち帰る方向だしと一旦会社に戻る。ねむいなぁと思っていた地下鉄の中だったけれど、
デスクに向かうと意外に作業が捗ったので22時までがんばってから退社。べつに研修
の成果というわけではないけれど。


Pマーク

 25日。本日、弊社は朝からちょっと落ち着かない。「プリンターのまわりに置き忘れて
いる印刷物は処分しますよ」とか「ちゃんと首からICカードは下げていてくださいよ」と
か、いくどとなくおふれが回る。昨年来プロジェクトを起こして準備を進めてきた「プライ
バシーマーク(Pマーク)」の取得に向けての現地調査が入るのだ。フロアへの出入り
にICカードを導入したのも、ノートパソコンにワイアーロックをつけたのもこの日のため
だ。ミーティングで概要の説明も聴いたし、名刺やメモの取り扱いなどの回覧も何回か
回った。


 個人情報保護法の施行も相まって、今、情報の取り扱いには細心最大の注意が求
められる時代。ちょっとしたゆるみからもし漏洩などの事態を引きおこしたら、企業の存
亡に関わることだってある。Pマークを取得するということは、対外的にキチンとした対
応をしているということの意思表示ではあるが、要は関わる社員の意識の持ちようとい
うところ。


 夕方になってこわもてのおじさん2人がフロアを歩き、ところどころで「ワイアーロック」
を見せてくださいと声をかけたりしていった。弊社にとっては、ひとあし先に台風が上陸
したようなところか? ただ、台風一過、気がゆるんでしまったら元も子もない。


セミナー

 26日、きょうは1時から5時すぎまで社費でセミナーに参加。セミナーは「ドラッグスト
ア徹底研究セミナー」というテーマ。サブタイトルが〜ドラッグストアチャネル攻略のた
めのノウハウをすべて伝授〜ということで、主にメーカーの営業担当者がドラッグストア
のバイヤーに対してどのような提案営業をしていったらいいのかという話。


 前にも書いたが、ドラッグストアが変わろうとしている。ブランド時代の終焉し、TV−C
M商品が売れなくなって、わずか2年前のストアコンセプトが通用しなくなっている。つ
まり、確立された業態ではないと判断しているのだ。化粧品専門店業態はそのコンセ
プトもありようも確立された業態だと思っているかもしれないが、決してそうではないと
考えている。まだ変わる余地はあるし、攻め込む余地もあるはずだ。


 現在でも市場に一定の規模を築いている業態がさらに大きくなろうとしているのだか
ら、うかうかしていると化粧品専門店なんてひとたまりもない。セミナー終了後、ここは
いつか役立つこともあるかもしれないので、関係を作っておくのも大切と、講師と、ゲス
ト講師としてこられていた静岡県浜松市のドラッグチェーンの社長に名刺交換にいった
ら、いつも御社は参考にさせていただいていますと言われて恐縮してしまった。


 夕方、急いで戻ってチームのミーティング。お盆休み明けの仕切り直し以降、さらに
スピードを上げて組み上げてきたあたらしいサービスは、きのう経営戦略を決める場で
俎上に上がっていた。わたしたちのチームのサービスにはいくつかの注文がつき、差し
戻しとなった部分もある。オフィサー曰く、これはいいサービスになりそうだからという
「期待度の表れ」というが、ちょっと複雑。


 ミーティングが終わってオフィスのフロアに戻ると、きょうは後半の合宿研修組がいな
いということもあるが、「ウイークエンドだぁ!」という空気がいっぱい。うちのチームもい
つもより早く退社していく。とりあえず来週のすすめ方を箇条書きして、わたしも20時半
すぎに退社。気分転換も大事だ(よね?)。


8月もあと少し

 29日、先週末だされた「ダメ出し」に答を出さなくてはいけない。新たな課題ももらって
いる。 それらは週末までにはキチンとしたかたちにしなくてはいけない。先週末作って
いった箇条書きのtodoリストをもういちど順序立てて組み直す。でも、なんとなくそのわ
りにのんびりしてしまう。もちろん気分だけであるが・・・。今週は真ん前に座っている上
長が夏季休暇でお休み、2人がきょうから3日間出張で留守、加えてきょうは体調不良
で1人がお休みということで、7人しかいないこぢんまりしたディビジョンなのに、本日
は、同じチームの3人だけということがそういう気分にさせたのかもしれない。


 午前中・午後と今週末に向けてのすすめ方を3人のチームミーティングで固めたが、
ここでもなんとなく緊迫感というよりも楽しげな空気を感じてしまったわたしである。ま
ぁ、この和気藹々感もいいことかも。あしたは他のディビジョンの人を交えたミーティン
グを設定。さらに詰めを進めなくてはいけない。


 31日、8月も本日でおしまい。新・サービスの構築は行きつ戻りつしながら、それでも
チームで一丸となって前進中。肝心のネーミングに「ちょっと強すぎる」とチェックが入っ
ていたのだが、なんとかこちらも代替案が見つかりそうだ。やっぱりひとりで考えるのと
チームで考えるのでは全然違う。ただ、最初に聞かされていたのとちょっと違って、どう
も他のディビジョンのサービスと微妙に重なり合っていることがわかってきた。だからこ
そのダメ出しとは思わないが、協調をうまくとっていく必要がありそうだ。うちくらいの会
社でセクショナリズムをもちだす必要はないし、もともとの理念もミッションも同じはずな
のだから。

▲このページtopへ

◆生活編

1日ドック

 8月3日、本日は1日ドック。今まで、自営業の私は市民健康診断はうけてきたけれ
ど、夕方近くまでつづく本格的な健康診査を3150円で受けられるなんてとてもありがた
い話。その3150円も立替ということで後日精算してくれるという。しかも、その時間帯は
出勤扱い。もちろん、おわったあと15時半すぎに出社したけれど。


 本来は、前日の夜は9時以降は口をゆすぐ水以外は摂っちゃいけないことになってい
た。でも、帰宅が10時だったからしかたなく10時半頃に夕食。このあとはまじめにお約
束を守ったわたしだが、名古屋にいた頃にずっと飲んでいた高脂血症のクスリが切れ
てからかなりの日にちが経っているので、コレステロール値がどうでるかがちょっと心
配。


 身体計測から始まって骨密度測定まで全部で14の測定と検査を受ける。こんど入社
したI社の所属する健康保険組合の直営の検診センターは、エントランスが3階まで吹
き抜けになっていたり、食堂からは西新宿の高層ビル群が見渡せたりと、まるでリゾー
トホテルのようなキレイな建物だった。検査機器も新しかったし、何といってもスタッフ
が大勢揃っていて、ありがちな「カルテを持って長く待たされる」ということがなかったの
がすごい。これが3150円の自己負担だなんて、ホント申し訳ないかぎり。しかも、あと
から会社から精算してもらえるし。


 これだけ精密にいろいろ調べられれば、あちこちにボロが出そうな50歳だけど、こちら
に来て新しくかかる内科医が見つけられないことで、クスリを切らしたままになっている
高脂血症が案の定、高い数値をはじき出した。あいかわらず貧血気味なので栄養指
導はあったが、他はとくに大きな問題点はなかった。ホッと一息。


 運動負荷検査もあったが、なかなか心臓に負荷がかからなかった。これはランナーと
してはちょっと自慢できるかも・・・。ただ、後日届いた報告書によれば、心拍数はあま
りあがらなかったものの、血圧は高くなっていったようで過激な運動には要注意という
コメントが書かれていた。


 昨日の遅い夕食を最後に決まり事を守って、けさも水すらも口にしなかった真面目な
わたし。検査の途中で昼食が出るのだけど、これが、鶏肉の香草焼きに、マグロの角
煮、大根やゴボウなどの煮物、ほうれん草のおひたしなど、盛りだくさんのおかずなの
に、ごはんと併せても750kcalで塩分控えめという生活習慣病対策にばっちりのメニュ
ー。カロリーとか塩分とかおいておいても、東京に来てからもっともリッチな昼食だった
かもしれない。


 食事といえば、外食をせずにじぶんで作る毎日はちゃんと続いている。会社帰りの夜
のスーパーで安くなっているお魚を買ってくることが多い。4日の夜は「カレイ」の唐揚
げ。ほんとうは煮付けにしようと思って買ったのだけど、よく考えたらみりんもお酒も落と
しぶたもない。そこで唐揚げにしたのだが、これがなかなかカラッと揚がっておいしかっ
た。5日の夜には、もともと99円のゴマサバの片身がさらに半額になっていたので思わ
ずカゴに入れた。しかしひとりの食事に片身はちょっと多かった。塩焼きとみそ煮とつく
り分けてもよかったのだけど、じつは味噌がない。


 環境が変わったことにかまけてクスリを切らしたままにしていたことで見事に上がって
しまったコレステロール値は早く何とかしなくてはいけない、ということで、ランナー仲間
の開業医でK先生に連絡をとった。完全予約診療制のクリニックだけど、こんどの土曜
日の12時すぎ、診療時間の最後に入りこませてもらい、処方箋を書いてもらうことにな
った。近所に医院もないわけじゃないけれど、初めての土地だけに知り合いというのは
心強い。渋谷まで出て東急田園都市線に乗り換えて多摩川を渡って・・・ちょっと遠い
けれどそれは気にならない・でも、じつはK先生のクリニックは小児科なのだ。いいお
やぢが、こどもも連れずに小児科というのもちょっと何だけど、まぁ、婦人科よりはいい
というところか。


そして名古屋へ

 8月12日。朝、目が覚めたら雨。それでも名古屋への帰省に向けて、朝から洗濯機を
まわし、雨が止んで薄日が差した隙を見計らって少しの時間でもとベランダに洗濯物を
出す。そして、部屋には掃除機をかける。


 朝ごはんで牛乳、食パンと野菜室のキュウリはかたづいた。ちょっと早めのお昼ごは
んで納豆と豆腐も片づいて、賞味期限がきてしまうものはすべてクリア。冷蔵庫がスカ
スカになった、ホントはここで掃除をしておくとよいのだろうけれど、その時間まではな
かった。


 地元駅からの地下鉄も山手線も空いていたけれど、東京駅はすごい人。事前にエキ
スプレス予約がしてあったからよかったけれど、帰省ラッシュの下りのピークらしい本日
は、軒並み「満席」マークが並んでいた。そういえば、同じディビジョンの帰省組の女性
陣もずいぶん前から飛行機や列車の予約を終えていたと言っていたし、田舎へ帰るの
もなかなか大変だ。


 曇り空の東京から酷暑でギラギラ太陽の照りつける名古屋へというのをイメージして
いた。ところが、地元駅に降り立つと曇り空で結構涼しい。水たまりがあたらしいところ
をみると、にわか雨が降ったあとらしい。これには救われた感じがある。何せ、お店を
閉めた今、自宅部分にはエアコンがないので、暑さを逃れるすべがないのだ。


 戻って早々から、たまった郵便物や書類をチェック。まわりを見渡すとまたいちだんと
物が少なくなっていて、妻の奮闘努力のあとがしのばれる。こっちにいる間にやってほ
しいことのリクエストを聴き、同時に大まかなスケージュールも決める。お盆の決まり事
もあるので4日間といっても時間ってあるようで実はあまりない。早速、高いところにか
かっていたカーテンを外す。まず与えられた仕事は、高いところ・重いものというところ。

 帰省2日目の13日の午後、墓参りに出かける。おしょらいさまをお迎えに行くというお
盆の決まり事。年内完成引き渡しのギリギリの線で折り合いをつけてもらって、解体を
お盆明けにしたのは、このお盆の行事を仮住まいではなく今の住まいでしたかったか
らだ。


 4月の命日以来の墓参りだった。夏のこの時期は雑草が伸びるのもはやいからなぁ
と、目についた草を何気なくむしってみてビックリ。雑草だと思ったら何とスイカだったの
だ。直径5cmくらいの実がついている。去年のお盆のお供えのスイカの種をカラスが飛
ばしていったのだろうか? 玉石が敷き詰められた墓地でよくまぁ芽を出したものだ。
その生命力に感心しきり。


 夜は、化粧品屋さん仲間のいちばんの親友と呑む。前回の帰省時には呑めなかった
ので、壮行会として呑んで(ぶっ壊れて)以来ほぼ2ヶ月ぶりというところ。あいかわら
ず他愛のない話なのだが、何かホッとするというか安心する。セリーグの首位を争って
いるタイガースと彼の応援するドラゴンズ、そのどちらが優勝しても盛大にお祝いをしよ
うということでも意見が一致。ハイピッチで生ビールのジョッキを空け、焼酎のロックをあ
おったので、本日も見事にぶっ壊れた。彼とのフルコースのカラオケに行く前に、すき
家で「豚キムチ(?)丼」を食べたことで、翌日妻の大顰蹙を買ったけれど、それも断片
的にしか覚えていない。東京での生活はべつに「我慢している」とか「聖人君子たれ」
と思っているとかいうわけではないけれど、「壊れてしまう」わけにはいかない。なの
で、彼には申し訳ないけれど「壊れる」ことができたというのがうれしかったりする。た
だ、払いだけはちゃんと精算しなくちゃ・・・。(来月の帰省時にね)


 15日夜、満員の「のぞみ」で東京に戻ってくる。多摩川を渡って東京都内に入る。つ
かの間の眠りの間に気持ちが切り替わる。大げさな言い方だけど、ここはもうわたしに
とっての「闘いの場」である。外は稲光がしているけれど雨は降っていないようだった。
念のためと持ってきた傘が無駄になってしまうのかと思ったけれど、地下鉄を乗り継い
で降り立った氷川台では小雨、まだ稲光もしていた。ちょっと前にはかなり激しく降った
ようだ。ふだんは水音が聞こえない石神井川もごうごうと音をたてて流れていた。部屋
に戻り着く頃には雨も止んでいたので、すぐに自転車でスーパーに向かう。何せ冷蔵
庫は空に近い状態で、あすの朝のパンも牛乳もないのだから。これで、あすからの臨
戦態勢(?)が整った。



 16日お盆休み明けの午前中のミーティングの最中に地震。きょうの地震はすごく長
い時間揺れた。このまま果てることなく揺れつづけるんじゃないかと思われるくらいだっ
た。ゆらゆらがぐらぐらに変わったとき、女性陣はテーブルの下に避難。ひとりは会議
室のドアを開けに行き、わたしはホワイトボードをおさえた。発表は震度3だったけれ
ど、きょうもまたドキドキした。長い時間の揺れだったから、きっと遠いけれど大きい地
震だぞと誰かが言ったけれど、あとで見ると、宮城県で大きな揺れを記録していたよう
だ。一瞬、東海大地震を思い浮かべて名古屋はだいじょうぶかって思ったけれどホッと
した。(被害にあわれたかたには申し訳ない)


合宿研修

 22日午後から23日にかけて合宿研修だった。今回の合宿研修は、会社のOSの理
解と体得ということもそうだが、それよりも自らポジティブに考え行動することや、チーム
で力を合わせ課題を解決し、目標に向かって邁進し、成果を得るということを軸に組み
立てられていた。


 「チームで力を合わせる」という意味もあって、初日の夜には親睦を兼ねて宴会が用
意されていた。メニューは両国が会場だからと「ちゃんこ鍋」。名前の通ったお店らしい
が、接客もイマイチなら味もイマイチだった。つくりかたや食べ方を伝えにくることもなく、
鍋の火をつけにくるわけでもなく、ましてやできあがったものをサーブすることもない。
焼酎ってどうやってだすものかということを知らないのかというような器がでてきたり、め
ちゃめちゃ濃い水割りやお湯割りにも驚いた。いくら広間の団体客だからっていっても
この接客はないだろう。


 弊社は女性が3分の2以上を占めているがよく飲む集団のようだ。わたしはディビジョ
ン以外のメンバーと飲む機会はこれがはじめてだったけれど。不評のちゃんこ鍋のお
店を出てもホテルに帰ろうとしない集団は、近くのチェーンの居酒屋に場所を移し30人
近くで二次会がスタート。わたしは結局最後まで残っていて、部屋に戻ったのは2時近
く。同じディディジョンのSさんのように2日酔いで苦しむということはなく至って元気だっ
たけれど、やっぱり何のためにここにきているのかということを考えれば反省。


料理の腕

 24日、あすは台風の直撃が心配されている。23時近くに帰ってきて食事をしたあと
(今夜は鶏の竜田揚げを水菜をしいたごはんに乗せた丼と、シューマイ)、あすの朝の
食パンとお水をボトルに給水してくるために駅近くのスーパーへ自転車を走らせる。0時
近くのこのスーパーははじめてだけど、結構買い物客が入っていた。あしたはたぶん
雨で買い物に来られないからちょうどいいかもしれない。このスーパーではお約束の
「あじの開き」を一枚。あしたのお夕飯かな。


 けさはブロッコリーをゆでた。緑黄色野菜もだいじだ。このあいだはちょっと柔らかくゆ
でてしまったので、冷凍しておいたのこりを解凍するといまいちだったので、今回はちょ
っと固めにゆでてみた。スーパーから帰った0時すぎには「枝豆」もゆでた。こちらも固め
にゆでて大半を冷凍しておいた。今夜買ってきたおくらは、いつゆでようかと考える夜。


 焼く・炒める・ゆでるくらいしか料理のバリエーションはふくらんではいないのだけど、
あす丸2ヶ月となる東京自炊生活を「楽しんでいる」じぶんがいる。遅く帰っても台所に
立つのは苦痛ではない。その間仕事のことはひととき頭から抜け落ちている。この
「間」も大切だと思う。でも、早く寝ることも大切だし、寝るまでの時間が短い週の半ば
にはがっつり食べないようにもしなくては。


2ヶ月

 25日、本日で東京での生活がちょうど2ヶ月となった。長いようで短かったともいえる
し、短いようで長かったともいえる。ただ、はじめてことばかりでとても中身の濃い2ヶ月
だったということはまちがいない。今までの人生の1年分くらいを一気に体験したかの
ような気分だ。きょうお昼をご一緒した旧知のFさんからは、どのくらい単身生活を続け
る覚悟なのですかと聞かれたけれど、帰る場所はもうないという状況で乗り込んできた
のだから、「クビだ」といわれるまでは勤めつづけたいし、世の中(街のお化粧品やさん
のため)に足跡を残したいという気持ちでいる。それに長い住宅ローンを組んだのだか
ら簡単には尻尾を巻いて逃げ出すわけにはいかない。


秋刀魚

 27日(土)お休みのお昼ごはんはきのうの夜買ってきた、まるまると太った生サンマ。
1尾178円が半額で89円だったのだが、大きくてうちのお皿や焼き網ではそのままで
無理だ。そこで、やむを得ず半分に切って焼く。肉厚でしっかり脂がのっていてガスコン
ロだけでなく、横に置いていた炊飯器まで脂が飛んだ。さっきガスコンロも掃除したば
かりだった。サンマを焼くことはきのうから決めていたのだから掃除はあとにすべきだっ
たと思ったが後の祭り。でもおいしかった。もちろん、もういちど掃除する


 30日の夕食は、9時20分後の帰宅といつもより少し早かったので、ちょっと手間をか
けた。ナスの煮浸しとたらのバター焼き、冷や奴の大根おろし添えとボリュームたっぷ
り。ちょっと夜更かしをしないと消化に悪そうだ。秋ナスが出回りはじめて安くなったの
はいいけれど、1袋5本入りとなるとひとり暮らしにはちょっと多いよね。でも、もったい
ないから食べるけれど・・・。


 31日、そろそろ底をつきかけていたマヨネーズ。わたしにとっての必需品であるの
で、早くスーパーの特売に出ないか目をこらしていた。(たかだか数十円のことなので
じつにせこい話だが)本日、いつも利用しているスーパーで特売に登場。21時半すぎ
の帰りに立ち寄ってくる。ついで買ってきたさばのみりん干しが今夜のおかず。梨が4
つで298円と安かったので買ってきたのだが、名古屋にいた頃は果物にはむいて置い
てあってもあまり手を伸ばすことはなかったので、じぶんでもこの食のスタンスの変化
にはちょっとビックリ。単身生活は健康あってのものという感じだ。急に熱を出しても誰
も助けてはくれないのだし、自己管理は大切だ。

▲このページtopへ

◆自宅建て替え編

  お盆休みの8月12日に名古屋に戻る。まわりを見渡すとまたいちだんと物が少なく
なっていて、妻の奮闘努力のあとがしのばれるが、その一方で、ゴミ袋も多くなってい
る。週に1回の不燃ゴミの日やリサイクルステーションをフルに活用して、処分を進めて
はいるようだが、一向にその数が減らないばかりか、仮住まいへの引越を目前にして
ますますその数が増しているというところのようだ。ギリギリ駆け込みで片づけをしてい
るこどもたちのゴミもその要因かもしれない。


 たしかに不燃ゴミの個別収集の日だからといって、それほどたくさんの袋を家の前に
置いておくのもあまり褒められた話じゃない。だから、なかなか片づいていかないのも
しかたない。商品などはすっかりなくなったがらんどうのお店の中に、燃えないゴミや
産廃が積まれた状態は、解体の開始を目前に控えて不安材料ではある。直前に入る
ことになっている産廃業者さんの活用次第ということかなと思う。残念ながら、その時
わたしは名古屋にいない。ここでも妻に頼らざるを得ない。申し訳ないかぎりだ。


 13日は、朝のうちに仮住まいとして借りている2軒に行ってみる。ひとつは戦前に建
てられた平屋で、こちらは倉庫がわりに使わせてもらうことになっている。住まいとして
借りたアパートのほうは新しくはないけれど、前に住んでいた人が比較的キレイに使っ
ていたようでまぁまぁかな。畳の上にい草のシートを敷いてくる。必要最低限の物しか
入れない予定だと妻は言っているが、それでもあまりゆとりはなさそうだ。わたしは何
回かの帰省時に泊まるだけだけど・・・。



 14日。きのうの夜は化粧品やさん仲間の親友と呑んだ。調子に乗ってハイペースで
呑んだためにやっぱり最後は壊れてしまったわたしである。このところ「酔ってはいけな
い」とじぶんを律する飲み会つづきだったので、久々に気がおけない親友とさしで酌み
交わすというのは楽しみだったし、うれしかった。いつものように別段何かあしたにつな
がるような建設的な話をしているわけじゃないけれど、この他愛のなさがまたよいの
だ。そんなわけで、けさは早くにスッキリと目覚めたというわけにはいかなかった。妻の
「朝からがんばるっていったじゃない」ということばにノロノロと起きだす。でも、妻とのお
約束でもあったので濃いお茶を飲んで水分を補いながら片づけにいそしむ。飲んだ端
から汗になるという感じでがんばったので、きのうのアルコールも早々に抜けていった
ようだ。


 しかし、いくつか誤算もあった。ガスストーブを次の粗大ゴミの日に出すことにしてい
たのだが、ガスの栓がどうにも回らないのだ。スプレーのグリースをかけてみたけれど
ビクともしない。何十年とそのままになっていたのだからしかたないのかも。他ならぬガ
スのことだけに、ガスを止める工事が終わったあとにホースを切ってはすずしかなさそ
うだ。これもわたしは間に合わない。空箱だと思って置いてあった箱が実は空でなかっ
たり、奥まったところから、この期におよんでまだ折り込みチラシが出てきたりした。こ
ちらはちょうど今日がリサイクルの受付だった紙ゴミの業者さんに持ち込んだ。


 
 15日。帰省最後の日。月曜日のきょう地元の銀行から住宅建設費用のうち2回目の
入金をする。変更前契約が完了したのを受けて、この仕様で資材の準備などをはじめ
ていきますという約束事というタイミングか。先回の着手金と違って今回はちょっとまと
まった金額なので、銀行の窓口では本人確認を求められる。もちろんそれは想定内の
ことで運転免許証も保険証も持って行っていた。これで、22日からの解体を皮切りとし
た建設工事が正式にはじまることになる。


 そののち、マイカー「CUBE」に目一杯積み込まれた不燃ゴミなどを破砕工場に持ち
込む。本日は締めて100kg、2000円也。破砕工場に何回通ったのだろう。そしていくら
使ったのかなぁ・・・。水曜日の粗大ゴミの日に向けて、今の今まで使っていたスチー
ルの机やレンジ台などをお店の前のほうまで運び出しておく。商品の倉庫として使って
いた2階の部屋から、産廃として処分する中身の入った化粧品のサンプルが入った袋
を何十個も下に降ろしてくる。


 これで何とかなるメドが立ったかなぁ・・・。と考える。とはいっても、否応なしに引越の
日も産廃の運び出しの日も、解体の日もやってくる。どうにも間に合わなくなれば、少し
予算を積み増せば業者が処理してくれるはずだ。「いざとなったら無理せず、お金を使
っていいから業者に任せなよ」と言ってきたけれど、ホントに無理しないでやってほしい
と、後ろ髪を引かれる思いで東京に戻ってくる。


もどかしさ

 18日。本日は名古屋の自宅の引越の日。仮住まいへの移動、倉庫がわりに借りた
家への移動。いずれも同じ町内と近距離だけど、結構大変な作業だったはず。移転先
でのネットワーク接続のことで長男からはメールがきたけれど、夜になっても妻からは
何の連絡もない。疲れ果てているのだろうか・・・。それとも細かい片づけに追われて連
絡する余裕もないのだろうか、ちょっと気になっている。 きのうだったかおとといだった
か境界画定のための測量もあったはず。隣接する地権者の方に立ち会ってもらってい
ておこなったはずなのだが、その連絡もない。ネットワーク接続の話が長男からきたと
いうことは固定電話は移設されているはずだ。もとより携帯電話は今までどおりだから
連絡手段がないわけじゃない。こちらも仕事でばたついていて帰りも遅く、連絡をとる
のをためらってしまったが果たして・・・。


 19日、金曜日。きょう名古屋の自宅では、産廃業者が入り、ガスを止める工事が入っ
たはず。中身の入った化粧品のテスターやサンプル、スプレー類。業務用なので破砕
工場に持ち込んだり粗大ゴミで出せなかった印刷機などを産廃業者が片づけてくれた
はずだ。ガス工事が終われば、ガス栓がどうにも回らず処理できなかったガスストーブ
も片づけられたはず。今夜も連絡がこないけれど無事終わったのだろうか? わたしも
入社以来もっとも遅い退社時間だったけれど、それよりも妻のほうがうんと「おつかれさ
ま」のはずなのだが。


 21日。土日の休みが終わろうとしている。名古屋の自宅はあすから解体がはじまる
はず。あすの朝には建物の中ががらんどうになっていなくてはいけない。なので、私が
こちらに戻って以降、測量・引っ越し・産廃の撤去・ガスや電気を止める作業・電話やネ
ット環境の移設など忙しい毎日だったはず。


 妻からはずっと連絡がなかったのでダウンしてはいないかと心配をしていた。ルーテ
ィンワークとなっているアイロンかけを終えたところで、しびれを切らして携帯電話を手
にとる。電話にでた妻はお店の中でまだ最後の片づけの最中だという。捨てる不燃ゴ
ミなどの量がハンパじゃないことはわかっていたけれど、結局、産廃は片づいたものの
この家庭ゴミの処分がギリギリなっても終わりきらなかったという。あしたもういちど処
分業者に来てもらうこととして、いまそれを一箇所に固めているところだという。まだ時
間がかかりそうだが、ようやくほんとうに「メドが立った」というところらしい。


 いろいろな業者さんが入れ替わり立ち替わり入ったことで、なかなかまとまった時間
がとれなくて思ったより時間がかかったとこぼしていた。最初の産廃業者さんのトラック
では積みきれないものがかなり残ったのが計算違いだったようだ。一時は一向に片づ
けきれないことでノイローゼになりそうだったというが、こどもたちがよく手伝ってくれて
なんとかここまでたどり着いたと言っている。こちらが気を揉んでいるだろうことはわか
っていたけれど、状況を連絡しようにもその気力もないくらいとも言っていた。


 たとえ、わたしが名古屋で生活をしていたとしても、日中は仕事に出ているとすれば
大きな負担は妻であったであろうことは想像できる。でも、仕事から帰った夜には手伝
うこともできたはずだし・・・と考えるとやっぱり、この一大事を支えきれなかったのは申
し訳ない気持ちでいっぱいだ。ただ、あれこれ思いをめぐらせてみてもできないことはで
きないのだからしかたない。もどかしいが、わたしはわたしで今の仕事を元気でがんば
るしかない。あしたになれば、いやでも解体業者さんが入って作業がはじまる。そうな
れば、妻の疲れも癒されるはず。「ほんとうにお疲れさま」


ボタンの掛け違い

 解体もはじまっているはずで、大きなひと山を越えたかと思っていたのだが、測量の
立ち会いの確認印を押すのを渋っている方があると連絡が入る。じつは境界を画定し
ないと先に進まない理由があって判をもらわないと困るのである。


 測量関係を依頼している会社の方では埒があかず、建築をお願いしている住宅メー
カーの営業さんに連絡をとってみる。このSさんは、修羅場はいくども見てきたし、こじ
れにこじれて土壇場で話が消えてなくなったこともあると話してくれていたこともあっ
て、うちも結構厄介な問題を相談してきた。Sさん曰く、今回のケースへの対応は、わ
たしが直接電話を入れることだという。


 そういわれてみれば、わたしが東京にいて動きがとれないこともあって事務的に事を
運んできていた。名古屋市が出してくる基準点に基づいて測量するのだから間違いは
ないものだとも思っていた。しかし、土地の境界という問題はたとえ数センチでも数ミリ
でも、それが資産価値に直結するとあれば、軽率に判は押せないという言い分も誤り
ではない。

 要は、当の依頼主(地主)であるわたしが、はじめから前面にでていればよかったと
いうことだ。人任せにしていたことがこのボタンの掛け違いを生んだのだろう。いつもよ
りも少し早く出勤して、まだ人が少ない社内からその方に電話をかける(もちろんじぶ
んの携帯電話からだ)。単身赴任で東京に来ていることで、隣り合った関係だった(今
は別のところに住んでおられるが)のに、何もかもを業者さんにお任せにしていたという
ことをまずもってお詫びする。その後に、わたしの口からこちらの事情を話させていただ
く。そして、先方のおっしゃることをじっくり聴かせていただく。


 結局のところ、はじめの1歩がちょっと脇に踏み出していたということか。今後、先方
が不動産の売却などで再度測量をおこなわれた際、今回うちが画定しようとしている
境界の杭と異なる結果がでた場合には、予断を持たず双方で確認しあうということを文
書で確約することで折り合いがついた。再測量したとしても数センチの狂いがあるかど
うかだろうし、狂いが出るとはかぎらない。当方としてはこの提案に異存はない。でき
れば、その役はわたしが担いたいところだ。
 

▲このページtopへ

 


<戻る>       <次へ>