最後の・・・

 

◆いよいよ

  6月18日。来週のきょうは東京の人になっているはず。そろそろその準備もしなくてはいけないということで、きょうは、まずパソコンのバックアップ作業。持っていくデスクトップのデータをDVDと、うちに残していくデスクトップPCのハードディスクに2重にバックアップ。なるべく引越荷物を小さくしたいので、デスクトップパソコンは昔使っていたFAXの箱に無理無理詰め込んでいく予定。緩衝材のプチプチでくるむ予定だけど、もともとの梱包の中空仕様にくらべると衝撃に対して不安が残るけれどしかたない。

 午後には夏の間に必要な衣類を買いに行く。別に格好をつけるわけではないが、やはり「新社会人」としてそれなりにキチンとしたいもの。とはいえ、I社はスーツ姿の人は滅多に見かけないカジュアルなスタイルが一般的な会社。今どきの「クールビズ」なんて、あえて提案するまでもないという雰囲気。社長がジーンズで全体ミーティングにでてくる会社だからね。これはわたしにとってなんともありがたい話。ということで買い物に行った先は、紳士服の○○でも、洋服の○○でもなく、わたしの定番「ユニクロ」。

 アウターのシャツ・パンツに、インナーのランニングシャツ、ボクサーブリーフまで、しめて17点、15000円強のお買い物。ユニクロでこんなに客単価が高い人も少ないだろうねぇ・・・という感じだ。これで着るものはひとまずだいじょうぶかな。

 6月19日。あしたは、I社でのミーティングやプレゼンが予定されている。ということで夜19時半過ぎに名古屋を出てきて練馬の自宅に素泊まり。「新幹線通勤」(?)もこれが最後となる。部屋にはまだ家具も家電も入っていないので、今夜も寝袋。ただ前回の轍を踏まないようにと、今夜は枕持参。まだ眠りに落ちる前にゆらゆらと地震の歓迎を受けた。時計を見たら1時15分。大きな揺れとは感じなかったけれど、かなり長く横にゆらゆらと揺れていた。これって3階だからかな。新築の建物でよかったなぁ・・・って、いきなりの洗礼にホッと一息。すぐにテレビをつけてみる。「震度3」だった。

 6月20日。朝、このあたらしいうちから出勤するのははじめて。来週からの実際の通勤の予行演習というところ。I社は10時からがフレックスのコアタイムとなっている。いろいろシミュレートした結果8時50分に家を出ることに。このあと4〜5日、また留守となるので施錠やガスなどを念入りにチェックする。慣れないせいか、主キーと補助キーのダブルロックとか、玄関のオートロックは結構面倒だったりするなぁ。

 地元駅の氷川台から地下鉄有楽町線、池袋から原宿まではJR山手線、明治神宮前から地下鉄千代田線で乃木坂まで。ドアトゥドアで52分の通勤時間だった。さすがにラッシュのピークは過ぎているので、どの電車もとなりの人とくっつくようなひどい混み方ではなかったけれど、座ることはまったく期待できないし、慣れるまでは新聞を読んだり本を読んだりはできそうもないな。そうそう、だいたい山手線は朝10時までは座席がたたまれていて使えないのだ。なんだか貨車に乗せられている荷物ってところだね。来週の月曜日からは毎日この往復となる。今までが通勤時間ゼロの生活だったので、当分はこの行き帰りだけでも相当な労力を使うことになりそう。この時間を楽しむ方法も考えなくちゃ。

 きょうは10時の始業から21時近くまで、ディビジョンとしてのミッションをメンバー間でシェアするためのミーティングやら、新しく持ち込まれた案件についての判断を求められたりと、もう「お客さま」という感覚ではなく、ふつうに勤務をこなしたという感じ。社内の空気になじんだとまではいわないけれど、同じディビジョンのメンバーにはなじめてきたかなというところ。

▲このページtopへ

◆最後にぶち壊れた

  22日。この日は「うれしい」一日のはずだった。もちろん、そのとおりうれしかったことには違いがないのだが、うれしさのあまり呑みすぎて派手に壊れてしまった。まぁ、これを最後としましょう。

 お昼はいちばん仲のいい化粧品屋さん仲間のご夫婦とご一緒にタワーズの「KIHACHI」でランチ。わたしたちはもうずっと「親友」といえる関係だったけど、奥さんどおしもセミナーなどでは親しくしてもらっていた。わたしたちの「悪口」も言い合ってもいたようだ。しかし、定休日が違っていたこともあって、こうして食事をご一緒するのははじめてのことだった。

 これからは、うちの妻のほうは時間を合わせられるので、時々はおたがいの息抜きにランチというのもいいかもね。ただ、わたしのほうは彼と飲んだくれる時間をつくることがむつかしくなる。そんな思いもあったせいか、某メーカーの支社長がセッティングしてくださっていたこの夜の「壮行会」では、派手に壊れてしまった。

 このところは、ビールと焼酎ということで、あまり口にしなくなっていた冷酒だけど、地元名古屋緑区で若い杜氏さんががんばっている蔵の冷酒をメニューに見つける。口当たりのよさもあって、くいっくいっと進んでしまう。あ、これはやばそうと思ったところまではキッチリ記憶にあるが、そのあとは断片的にしか記憶がない。ご一緒したみなさんにご迷惑をかけたことは必至。「立つ鳥跡を濁さず」というのを心に銘じてきていたが、こと「お酒」に関しては、最後の最後に「痕」を遺したというところか。大変、失礼いたしました。

 23日。この日はいろいろ予定がたて込んでいたのだ。調子に乗って呑みすぎるんじゃなかったって、まったくもって「後悔先に立たず」。帰ってきたのが4時らしいので、眠いわ気持ち悪いわ、からだは重いわ・・・で最悪の状態のまま、午前中は建て替えに関してのインテリア打ち合わせ。ここはどうにか持ちこたえたけれど、うちに戻ったお昼過ぎには、久々の胃液の逆流に苦しむ。こんな思いはほんとうに久しぶり。気持ち悪いけれど、でもきのうは楽しかったのだ。ご迷惑をかけていたとしたらお詫びするしかないけれど、最後に気心の知れた仲間と思いっきり呑むことができたことに感謝。

 夕方、いよいよ引越荷物が出ていく。白物家電は東京で買ってあって25日に届くよう手配がしてあるし、ベッドもパソコン机も同じく直送で届くように手配してあるので、うちからだすものは、衣類とそれの入った収納ケースや、パソコン・プリンター、書類ケースなど。ということで、大きなトラックを借りる必要はないからと、利用したのはクロネコのマークの会社の「単身引っ越しパック」なるもの。食品スーパーなどのバックヤードで使われているような縦横が1.1m、高さ1.7mのコンテナに詰め込めるだけ詰め込んでというもの。

 持っていくものをかためて置いてあったときには果たしてこんなに積めるのかなぁと心配していたけれど、ドライバー氏がうまく隙間なく組み合わせながら積み上げていく。意外に積み込めるものだと感心。ただ、緩衝材がわりの段ボールをまったく用意してきていなかったのは「マイナス評価」。うちの引っ越し用にととってあったキレイな段ボールをいくつか提供した。この分の値引きをしてもらいたいよなぁ・・・って気分。

▲このページtopへ

◆名古屋最後の夜

  24日。名古屋最後の一日も慌ただしく過ぎ去っていく。売却することにしたレコードも運び出されていった。その数にして4000枚はあっただろうか。そのうち半分は非売品の「テスト盤」だったけれど、中には「レア」なものもある。時間があれば、細かくマニア向けの店に売却するというのも方法であったけれど、価値のありそうもないテスト盤も含めてすべてを片づけてもらうという条件で、名古屋の老舗の中古レコード屋さんにお願いをした。きょうの午後、相当な数の段ボール箱に詰め替えられて、お店のロゴが入った派手な黄色いバンにわたしの青春(?)の想い出がうちを離れていった。

 急いで、レコードの入っていた多目的棚をばらして破砕工場に持ち込む。これで大江破砕工場も6回目。バリバリバリといい音を立てて、薄い合板の棚が飲み込まれていった。こちらもなんとか名古屋を発つ前に処分できた。

 夜になって、あす着ていく洋服にアイロンをかける。実はアイロンなるものをかけるのは、かぎりなく初めてに近い。妻のあたたかい(?)ご指導の元、なんとか完了。でも、今回はスーツというわけではないから、シャツにしてもパンツにしてもとてもアイロンのかけやすい素材なのだそうだ。これはちょっと苦労しそうな予感。きっとアイロンの要らないポロシャツとかを着ることが多くなるだろうなぁ・・・。カジュアルな会社でよかった。

 何人かから電話がかかってきて、一応の最後の挨拶をした。もちろん「今生の別れ」というわけじゃないし、すぐに来月も帰ってくる予定になっているから、それほど悲壮感があるわけじゃない。でも、一区切りではある。あしたは午前中に届く荷物もあることになったので朝早くに名古屋を発たなくてはいけない。不安がないわけじゃないけれど、今は期待感というか、楽しみと感じられるじぶんがいる。このまま「苦しみ」に変わることなくやっていけたらいいなぁと思っている名古屋最後の夜である。

▲このページtopへ

<戻る>       <次へ>