そして奔流のごとく

 

◆部屋探しも簡単じゃない

 5月8日日曜日。昼食後、上京。あしたとあさってと7月から赴任するI社で、事業計画についてのすりあわせなどをすることになっているので、きょうは前泊して単身生活のための住まい探しをしようと考えてのこと。

 はじめは、家具一式がついたマンスリーマンションというのも考えていたのだけど、通勤時間を考えながら、初めての通勤として許容できる範囲でと検索すると結構な金額ということがわかる。不動産検索サイトをあちこちまわってみると、ふつうの1Kや1Rを探した方がよさそうだなと方向転換。勤務地への交通の便の関係で小田急沿線がいいのかなとネットでいろいろリサーチしていたのだが、小田急の朝のラッシュは殺人的という話が聞こえてくる。加えて、小田急沿線はもともと住宅として好立地なので家賃相場が高いと聞かされたりしたこともあって迷いに迷いながらの上京だった。

 のぞみの車中でも、最初の思いを貫いて小田急の経堂の不動産屋さんをめざそうか、小田急にこだわらずに選ぼうか最後まで迷っていたが、通勤経験のないわたしであり、若くもないこともあって、やはり「殺人的」ラッシュは回避しようと決めたのは、多摩川を渡ってからだった。

 自宅の建て替えの件で相談にのってもらっている会社に教えてもらったサイトで調べておいた渋谷のお店に出かけてみる。ただ、ここは渋谷という土地柄もあり、小田急・東急などの人気のある沿線の物件が多く、なるべくリーズナブルにあげたいわたしの希望にはちょっと・・・という感じ。ただ、この会社の池袋店の物件にはちょっと惹かれるものがあった。簡単なデータは出してくれたが、細かい情報は待っていたのに届かなかった。応対してくれた担当者の感じのよさにはちょっと申し訳なかったが、時間もあったので池袋店を直接訪ねてみることにした。

 池袋店。出てきたのは真面目そうだけど、朴訥としているというかセールスらしくなく言葉数の少ない男の子。この春の新入社員かなぁ・・・。先に渋谷店で物件については聴いているので詳細の情報を出してほしいと依頼するのだが、また一からこちらの希望を聴こうとしてくる。ちょっとかみ合わなかったが、とりあえず見たかった物件の情報は出してもらう。しばらくして「もし時間が許せば物件をご案内します」という。こちらはただ前泊するだけだから「ものは試し」と応諾する。

 池袋から高田馬場へ。山手線内の新築物件なのに意外なほど安いので、何かあるなとは思っていたが、まるで迷路のような路地の奥まったところの物件だった。山手線の内側とは思えない静かな環境といえば、そう言えなくもないが、慣れるまでは毎日道を間違えてしまいそうな感じ。最初は車で案内しようとしてくれたのだが、迷うこと小1時間。最後は車を置いて地図を片手に歩いて案内しようとしてくれたのだが、さらに迷い込む。最後は、しびれを切らせたわたしがたぶんこちらだと思うと角を回らせてようやくたどり着いた次第。もともと車は入ってこられないところだった。

 電気工事が完了していないので、真っ暗な中で間取りを見せてもらう。池袋を出るときにはもうすでに陽が落ちていたのだから、懐中電灯くらい用意してこなくちゃダメじゃないの?ってところ。その営業マンくん。迷ったあげくに行き止まりの路地に突っ込んだ際に、リアのバンパーを思いっきりへこませてしまったし、最後、わたしに必要書類を渡そうとする際にも何度かお店に連絡を入れて指示を仰がなくちゃいけなかったり、カバンの中がぐちゃぐちゃだったりと、だいじょうぶかなぁって他人事ながら先が心配な営業マンくん。「がんばってね」ってエールを送りたい気分。

 あちこちのサイトをめぐってバーチャルな不動産物件探しはしてきたし、それなりににわか知識は蓄えたつもりだけど、リアルな不動産屋さん訪問と、物件紹介をうけたりすること、そしてはじめての下見は、意外に神経が疲れるなぁ・・・というのが正直なところ。

▲このページtopへ

 翌9日月曜日。打ち合わせを19時頃に切り上げさせてもらって、きのう紹介だけしてもらっていたもうひとつの物件の下見に出かける。もし実際の勤務がはじまったら19時に退社できることはないだろうけれど、帰宅のシミュレーションという感じか。勤務先のビルのすぐ下の駅から地下鉄で2駅、JR山手線で6駅、ふたたび地下鉄で4駅。電車に乗っている時間が40分弱。駅から歩いて9分。閑静な住宅街の中に建設が進められていて、ちょうど6月から入居が可能というまっさらの新築物件である。

 きょうは不動産屋さんの同行がないので、外から見ることしかできなかったけれど、間取りは昨日見てきた高田馬場の物件とよく似ている。同じ1Kでも、キッチンがちょっと広いのと、収納スペースが少し大きいはず。3階建ての3階の角部屋がまだ空いているというのだ。管理費を加えてなんとかここまでと決めている家賃の予算ギリギリというところ。

 今まで職住が同一という環境で、通勤の経験がまったくないわたしとしては、2度の乗り換え、約1時間の通勤時間というのが毎日のこととなると果たしてどんなものかというのが想像がつかないし不安でもある。ただ、5〜6分余計に時間はかかるが、地下鉄だけで1回の乗り換えという通勤経路も可能ではある。

 住環境は悪くなさそう。ちょっと人気の少ない川沿いの道を歩かなくてはいけないが、街路灯はある。駅前には食品スーパーが3つあって、そのうちのひとつはかなりの大型店で深夜1時まで営業しているらしい。コンビニも松屋もマクドもある。まぁ、食生活の面では苦労はしないだろうなと思う。

 下見の帰り、きょうは夕食のついていない素泊まりなので、駅前の松屋で味噌煮込みハンバーグ定食を食べる。このところ夜は少食のわたしなので、くどくてもたれることもたれること。もっと軽いものにすればよかったと、地下鉄に乗ってから後悔したけれど後の祭り。ちなみに本日は3食ともに外食。朝はおにぎり。昼はサンドイッチだった。松屋の定食には簡単なサラダがついていたし、お昼は野菜ジュースを摂ったけれど、ビタミンは不足かなぁ・・・。でも、7月からは毎日がこんな生活になりそうだ。

 知り合いが中央線沿線の物件を紹介してくれるよう手配してくれているので、それも比較してみようと思っている。5月は今回を含めて業務引継やら事業計画案の策定などでたぶん4往復することになるはずだけど、不動産屋さんまわりの時間がとれるかどうかは微妙だ。6月下旬には引っ越してこなくちゃいけないことを考えると、あまり悠長なことはいっていられない。

▲このページtopへ

「宮仕え」スタート

 5月9日月曜日、東京で迎えた朝。昨夜ははじめての不動産屋さんめぐりで疲れていたような気がしていたのだけど、けさは夜明け前から何度も目が覚めた。枕が変わるとと眠れないというほどヤワではないはずなのだけど、やっぱり、あたらしい仕事の実質的なスタートということで緊張していたんだろうなぁ。

 7月からの勤務先となるI社へは、時間よりかなり早く着いた。10時までに出社してもらえばいいといわれていた(フレックスで10時からがコアタイム)のだが、泊まっていたホテルから15分もかからなかったし、早く目が覚めたことで、朝シャンとかしてもまだ時間が余ってしまったからなのだ。そこで、先月来たときとは逆方向へ散策してみる。道路の向こう側にはファミマ、しばらく行くとドトールがあった。もうちょっといったところにはたしかスタバもあったはず。名古屋と違ってそこかしこに喫茶店があるという環境にないので、コーヒーは社内のベンダーでということになりそうだ。

 実質的に宮仕え初日という感じとなったこの日は、今後所属することになるディビジョンのこれまでの事業の推移と現況、そして今後の進め方の説明を受ける。そして、午後には、同じディビジョンの中で新しく立ち上がるグループの今後の事業の進め方について外部のアドバイザーとブレスト。一応、そのあたらしいグループを受け持つことになっている。

 そして、それを受けて会社として7月からの新年度の事業計画に、どういう事業の画を描くのかの方向性を示す手がかりを書き出すようにといきなり宿題を課せられた格好。机だけはもう用意されているので、社内のベンダーでいれた濃いめのブラックコーヒーを飲みながらテキストエディターに箇条書きをはじめる。

 何年か先までの事業の画を描きながら、同時に近々にしなくていけない作業を詰め、しかもスピードも走りながらの的確な判断をも求められるという感じで、「街のお化粧品やさん」とはまったく頭の引き出しの使い方が違う。しかも、いままでならじぶんですべてが完結していたものが、グループで共有、ディビジョンで共有となれば、計画・実行・検証とキチンとしたステップを踏んでいかなくてはならない。単に「思いつき」や「ひらめき」だけではいけないのだ。わたしの中にあるさして多くない引き出しをすべて開けひろげて、出せるものはすべて出し切っていかないとついて行けなくなりそうだ。

▲このページtopへ

 明けて10日、火曜日。きのうは1日フルに「宮仕え」を経験した後に、住まいの下見に往復したりで、結構疲れていたはずなのに、神経が高ぶっていたのかなかなか眠れなかった。そのわりに、けさも5時過ぎに目が覚め、まだ早いからと二度寝をしようとしても、いつもならぐっすりという感じなのになかなか眠れず、テレビのニュースをつけながらベッドの中でゴロゴロして過ごしていた。

 そんな調子で、きょうも朝風呂に入ってもまだまだ時間を持て余してしまい、きのうと同じく10時に出社すればいいと言われていたものを、なにせ、徒歩1分のとなりの建物に部屋を取っていてくれたこともあって8時20分にはオフィスに着いてしまった。フロアにはひとりだけ出勤してきていただけだった。

 ワンフロアで100人近く人が働いているのだけど、9時半を過ぎても3人くらい。フレックスのコアタイムの10時に出社という人がほとんどだった。全体に夜型にシフトしているということなのだろう。そういえば、宿泊した部屋からこのオフィスの窓が見えたのだが、深夜0時を過ぎても灯りがともっていた。

 本日も結構ギリギリとネジを巻いてという感じで、ない知恵と経験値をしぼりだすという感じ。きのうからきょうお昼までかかってまとめ上げた方向性について、ディビジョンのオフィサーと午後いちばんにミーティング。おたがいの意見をつきあわせることで、こんどのグループの方向性が何とか少し見えてきたかなぁというところ。

 そのあと、わたしがいるタイミングに合わせて設定してもらったグループの定例ミーティングに参加。きのう感じた計画・実行・検証・管理という仕組みをメンバーで共有しながら事業を遂行していく、「会社」という組織では至極あたりまえの作業がとても新鮮に感じられたしなかなかにして刺激的だった。もっとも、7月からはじぶんもそのマネジメントをしなくちゃいけないのだと思うと、もっとギリギリとネジ巻きをしなくちゃいけないなぁと戦々兢々。

 今回の2泊3日の上京は「はじめて」づくし。今までのふだんの1週間分くらいの中身の濃さという感じ。あいかわらず神経は高ぶっているのか、いつもは1時間くらいは眠りに落ちる帰りの新幹線も名古屋までパッチリだった。あっそうか、「お疲れさん」のビールを買わなかったからかな?

▲このページtopへ

そして「天王山」を超える

 さて、自宅の建て替えの話。ジェットコースターのような気持ちのアップダウン、感情の大きな振幅・・・。とてもとても書き尽くせない密度の濃い数日を過ごした。 いちばんの障壁は思わぬところにあったのだ。突き詰めればおなじところにたどり着きたいはずなのに・・・と、「何故?」という思いはぬぐい去れない 。きっとずっと心の隅っこに小さくだけど住みつづけるはず。でも、とにかく「ベター」な選択をとったわたしたちだ。母とわたし(単身赴任でいなくなるけれど)と妻とふたりのこどもの5人の「伊藤家」のあたらしい家が建つことになる。

▲このページtopへ

<戻る>       <次へ>