2006年6月

 仕事編
 生活編


   宮仕え12ヶ月目。はじめとは携わっている仕事の内容が変わっている。立ち位置も微妙に変化した。どんな環境、どんな状況に於いても任された職責を全うしようという思いにはいささかも変わりがないが、周囲の評価もまた微妙に変化してきているのを感じた1ヶ月だ。

 周囲だけじゃない。じぶん自身も能力の足りなさと限界を思い知らされた1ヶ月だった。でも、とりあえずここでみずから退却ということはない。退場を命ぜられたわけでもない。前進しようという思いにはいささかも変わりはない。

 年の功といえばそうなのかもしれないし、単に鈍感なだけかもしれないが、激しく落ちこむことがない。叱責をうけることに近い状態となっても眠れなかったりすることはないし、翌朝に持ち越したりすることなど全くない。

 端からみたら、相当に浮き沈みしているような1ヶ月に映ったかもしれないけど、当の本人はそこまで波にもまれているという意識はないのだ。だからまだ「だいじょうぶです」っていえるのかなぁ。

 昨年の6月25日、梅雨の晴れ間で燦々と陽差しが注ぐ土曜日に東京へ生活の拠点を移した。真夏を思わせる暑さで荷物を運び込む業者さんはおしなべて汗だくで気の毒だったが、雨じゃなくてよかったと思ったことを覚えている。冷蔵庫がまだ届いていなかったので駅前まで歩いてマクドナルドに行ったこともまだ鮮明な記憶だ。そういえば氷川台のマクドにはあの日以来入ったことがない。

 この1年、早かったといえば早かった。長かったといえば長かったともいえる。51年の人生の中で濃密さでいえばまちがいなく1,2をあらそうはずだ。

 

◆仕事編

■6月1日

 昨日、一旦先送りを決めたもののほんとうに次のタイミングでそれが立ち上がるのかと気を揉む一日。夜の帳が降りた頃に届いた知らせは待っていた吉報ではなかった。すでに事情がわかる人が帰ってしまっていたこともあって、今夜は打開策を確定できない。仕切り直しの一時延期ではなく、白紙撤回も視野に入れる必要が出てきた。個人的にはそれがありがたかったりもするが、ますます影響範囲の大きい話となるのでわたしごときの決断の範疇ではなくなる。本日は23時25分退社。有楽町線最終で帰宅。

■6月5日

 テンションが高くなっていたのか、6時半にスッキリと目覚める。東の窓からは朝日が注ぎ込んでいる。きょうはスッキリとした一日になるかと期待したが、日中は雲も多くなって、一時はにわか雨も降るかもしれないという灰色の空にもなった。洗濯物をベランダに干してきたので雨が降らないでくれたのが幸い。

 さて、「仕切り直し」と決めたプロジェクトだが、社内からも情報不足からくる不協和音が聞こえてきた。言い訳になることを承知で言うのなら、あいかわらず相手先の動きがもうひとつなので、伝えきれないでいた部分もあったのだ。そのくせ、仮に設定したリリースタイミングでGOとなったときに備えて、動いておかなくてはいけない事情もあった。

 なので、「状況は見えないのに作業や結果を急ぎ求められる」ということになってしまい、仕切り役としてはまたしても失敗と言わざるを得ないことに。このままではいけないと、夜になって関係者が一堂に会すミーティングを入れる。上長が事業部としての方向はこうだと明確に語り、万全の体制でリリースするために再リスケはするものの基本的に「GOだ」という結論がでる。結局、わたしはその場も仕切れずじまい。

 そんなわたしに「しきり役はこのままでいいんですか」と、真正面に座っていたKさんからダメ出し。当然のことながら目は笑っていなかった。じぶんで考え、じぶんで行動し、結果についてはじぶんで責任をとるという自営業での生活が長く、同業者の団体での仕事もダメ出しはされても、叱責されることはなかったから、ここまで明確に否定されることはあまり経験にない。

 まぁ自らの招いた結果だし、しかたないことなので不思議なくらい落ち込みはしなかったし、ショックも感じなかった。もしその場の空気が「しきり役更迭やむなし」となれば、素直に身を退くつもりでいたが、もういちど失地回復のチャンスを与えてもらった。事業部内で今回のプロジェクトを担当したのは、歳はとっていてもWebプロデュースの経験のないわたしと、ことし2年目の若いI嬢。幾多の経験を積んできた他のメンバーと同じ言語でプロジェクトを語るのは厳しかったからしかたないよねと温情判決を受けたというところか。

 もっと早い段階から相談を受けていればアドバイスもできたのにという声も聴いた。べつにプライドが邪魔をして聴きにいけなかったわけじゃない。何度も書いてきたことだけど頭を下げることは厭わない。要はわたし自身が全体像を把握できていなかったということ。聴きたくても何をどう聴いたらいいかわからなかったというのも事実。くわえて1から10まで語らずもみんなわかってくれているはずという思いこみからくる説明不足もわたしの至らなさだ。

 23時15分退社。0時すぎのスーパーで豚肉やサワラの切り身などを購入。その豚肉でピカタを作る。べつに「やけ食い」ではない。

■6月6日

 朝は青空がひろがっていた。めざましテレビの星占いでは「強力な助っ人が登場」とのこと。駅へ向かう道を気分よく歩いていく。のどの奥がちょっと変だなぁと感じていたのだが、午後のグループミーティングでいろいろ伝えなくちゃいけないという時間になって声が嗄れてきている。なんだろう、風邪でもないようだし。

 さて、厳しい選択を迫られている案件、本日は「前門の虎後門の狼」という感じ。たしかに強力な助っ人ではあるのだけど、それは「このままじゃ大きなリスクを負うことになるかも」と拙速を避けるようにと働きかけてくれる虎たちと、「ただガンバレだけじゃね」という狼たち。どちらも100%ポジティブというわけではないが、的を射ていないわけではない。

 助っ人(?)がたくさん現れて、逆に身動きがとりにくくなった感がある。はてさてどう舵を切ったものか。

■6月7日

 お昼過ぎにことし2年目のHくんと六本木ヒルズに本社を構える化粧品メーカーさんまで往訪。古くからの加盟店に支えられ、その加盟店がキッチリとつかんだ愛用者に支えられていると思われるその老舗の会社の担当者は、いろいろやりたいだけど、どうしても古くからの加盟店の手前、思い切ったことができないというジレンマに苛まされている様子。

 かつてその世界にどっぷりだったわたしは、この担当者の悩みがよくわかる。だから相手の懐に飛び込んで本音を引き出すのは比較的簡単。同行のHくんからはすごく勉強になったと感謝されたが、これは経験のなせるワザ。このフィールドならまだまだ伝えてあげられることはある。

 ことしの新人くんから、化粧品専門店の現状や今後に向けての課題は何かという話を聴かせてほしいといわれていた。夕方の1時間強、彼の素朴な質問に答えながら、久々に「語ったぞ!」という気分。1年前まで現役だったわけなので、こちらもまだまだ伝えられることはいっぱいある。

 ここにわたしの立ち位置があるはずだったのだけど・・・と愚痴ってもしかたない。今の仕事が苦痛なわけでもないし、やりがいも感じていることだし。ただ、仕切りの失敗からくるボタンの掛け違いのようなリスクは、右から埋めに向かえば左に穴が開くというような状態に陥っているようでもある。

■6月8日

 本日から男性社員がひとり加わった。長男と2つ違いの「息子世代」だけど、学生時代から知り合いのベンチャーの立ち上げに関わっていたりでプロジェクトのマネジメントには長けているようだし、会計まわりにも明るい。まずは、今のうちの事業部の課題をうまく解決するために動いてくれることに。

 お昼をともに摂りながら3時間近く、事業部の概要を説明する。話すうちにじぶんでも課題が整理できてくる感じ。パラレルに走っている案件をこなすことに汲々としているわたしなので、頼もしい助っ人登場というところだが、うかうかしているとじぶんの居場所がなくなるかもしれないという漠然とした思いも見え隠れする。

■6月9日

目を覚ますと雨が窓を叩いている。まだ起きだすには30分近く早い6時20分だった。もういちど肌掛け布団をかけ直して眠りに落ちたが、ちょっと神経のどこかがピリピリと信号を送っていたのかもしれない。

 じぶんも主体的に関わって進めてきた案件に、白紙撤回あるいは一時ストップをと上長に提案した。宮仕えをはじめてもうすぐ1年。けっして「イエスマン」を演じてきたわけじゃないけれど、これまでこういう場面はなかった。

 いちど立ち止まっていろいろなケースを想定しながら、予断を持たずに真剣に検討しようという話に落ち着いた。今回のようなざっくりとしたシミュレーションじゃなくて、裏付けとなるもっと具体的なデータを揃えなくてはいけないし、このあとも道のりは平坦ではないけれど、とりあえずそこに至れたことにホッとした。でも、あらためて考えるとかなりよくもわるくもインパクトのある決断となる。
 
 じぶんでは気づかなかったが、それなりに力が入っていたのだろう、夕方になって肋間神経痛がでた。大したことはないようだけど、左腕があげにくい。思わず苦笑いのわたしだ。

■6月11日

 日曜日だけど、タイムリミットもあるので「白紙撤回か否か」を夕方から上長と意見をすり合わせる予定だった。事前に準備もしておこうと1時過ぎ、早めにうちを出る。でも、急ぐことはないので、池袋の書店に立ち寄って文庫本を物色。その途中に上長から電話が入り、本日の予定がキャンセルとなる。

 文庫本を何冊かかってうちに戻る。夕方までに雨があがれば少し走りに行こうかと思ったけれど、結局それもかなわずじまい。「きょうのところはゆっくり休んでください」との上長のことばどおり、ほんとうにゆっくり休ませてもらった!で、一日が終わるかと思ったら、チームメンバーからの電話でサーバの不調が発生していることを知る。緊急連絡網に流して、システムの人たちに動いてもらい、日付が変わってしばらくする頃にはなんとかその不具合は回避できたが、休日とあって気づくまでの時間がかかってしまったので、2時間強不具合が発生していたようだ。影響は少なくないなぁ・・・。どうしてこういう不具合って休日にかぎって発生するんだろうねぇ。

■6月16日

 けさの星占いはおひつじ座を運気最高と励ましてくれた。実力発揮で大成功ということだったけれど、きょうは「嵐の前の静けさ」といったところ。白紙撤回もやむなしとしてきたプロジェクトは、2日間上長とブレストで詰めた中で、もしかしたらスキームの切り方を入れ換えれば何とかなるかもしれないということになった。

 ここに活路は見いだせるかと提案書の作成に向けてきのうきょうと洗い出しを進めていく。しかし、どうもそう簡単にはいかないようでもある。結局、来週予想されるターニングポイントに向けてウオーミングアップを入念に重ねたという感じだ。

■6月19日

 本日午後、監査法人さんのヒアリングに臨む。今回は2月に続いて2回目。質問をぶつけてくる人の横で、男女2人が黙々とノートPCのキーを叩いている。議事録なのか何なのか、わたしの語る業務の内容を記録しているようだ。もっとも嘘偽りを重ねているわけではないから、緊張する必要はないのだけど、なんだか尋問を受けているような気分にはなる。このところずっと進めてきた業務改善の成果もあり、ヒアリングは大過なく終了。ホッと一息。

 夕方からはいよいよあすに迫った重要な往訪に向けての準備をはじめる。はたして・・・・

■6月20日

 午後、ここ半年くらい一緒に事業の画を描いてきた某社への往訪。スキームの切り方を変えることで継続をという選択肢のカードを切るまでなく、ここは一旦すべての手を止めて仕切り直しをということになる。肩の荷が下りたといえばそう言えなくもないが、ここまで手をかけてきたことが無駄に終わるものも多く、その責任の重さはあたらしくわたしにかかってくる。でも、なにはともあれきょうで一区切り。帰りは夕暮れが迫り、蒸し暑さも和らいできた中を歩いて戻ってくる。

■6月23日

 7月からの新体制をグループメンバーに発表する。一致結束してがんばっていきたいもの。一区切り着いた事業があるのだが、ホッと気を抜く間もなく、早急に解決しなくてはいけない案件が複数持ち上がってきた。まぁ、ヒマよりはウンといいけれど。

 そのひとつとして、来月からの計画案などを詰める。今までひとりで考えてきていたのだけど、今回からは上とかけあってもらう部分を切り出せたので、もともと「副官」的立ち位置が好きなじぶんにはありがたいところ。(なんて言ってちゃいけないのだろうけれど)

 簡単にいえばひとり上司が増えたということ。わたしの職責そのものは変わらないのだが、新体制の発表を聴いて傍目には降格と考えている人もいるらしい。上に立つのが入社したての20代氏だからと思うのだけど、わたしとしては仕事がやりやすくなったと考えているので、べつに「降格」でもなんでも全然気にならないのだけど。

 個人的にはより現場に近づけたのがありがたいと考えたのだけど、現場からすると、わたしとわたしの上にあたらしく立つことになった事業部長氏との切り分けが明確でないようだ。簡単にいえば「あんたは結局何をする人?」ってことか。これはわたしとしても責任の範囲を明確にしておく必要はあるなと思う。その今夜は経理と棚卸しや数字のやりとりがつづいた。こうした管理業務はわたしの役割だ。

■6月27日

 ミスをした。その報告が後手に回るというミスを重ねた。

 メンバーのみんなにじぶんの仕事に集中してもらうために、バックヤードの細々した仕事を引き受けて支えていたのだといえばカッコイイ。でも、そのことでチェック体制がじゅうぶんに働いていなかった。ミスをしていては元も子もない。わたしはまだ宮仕え2年目だからなんて通用はしない。若い社員なら激しく叱責されたというところだ。

 23時の山手線。「きょう」の星占いでは「運気はひきつづき停滞気味。今ある環境を見直してみよう」だって。朝の出勤時に見ておけばよかった(?)

 ミスをいちはやく埋めあわせて結果を出さなくては。だからといって焦りはないし、落ちこんでもいない。図太いんだか鈍いんだか・・・。今夜はお好み焼きをつくろうとキャベツを刻む。リズミカルとまではいかないけれど、トントンと手を動かすうちに気持ちがほぐれていく。やけ酒なんていう不健康なことに逃げないじぶんがちょっと誇らしい。

 折しも6月27日は、1年前、正社員としての初出社日だった。

■6月29日

 めざましテレビの星占いでは「発想が豊かで絶好調」と言っていたのだが、現実の仕事の中ではそんなに画期的なことはなかった。でも、あたらしいプロジェクトが動き出すことになり気合いに満ちた一日となった。これから年末に向けて大きな成果を生み出していけるようがんばりたいなと決意新た。地下鉄駅からの帰りの夜道でもあれこれ発想をめぐらせる。でも星占いがいうようにはいかない。でもいくつか思いついたことはあり、部屋に帰ってすぐにメモをとる。

 本日の退社は21時25分。このところ21時台に退社できることが多い。おおきなプロジェクトに一区切りついたこともあるが、今週は、その気のゆるみもあるのか、ちょっと疲れを感じていることも影響している。きょうはまだ木曜日なのに、気分的は金曜日のような感じがしてしかたない。きょうこそ早く寝ようと今は思っているのだけど。

■6月30日

 蒸し暑い。でもきょうも一日雨が落ちなかった。夕暮れ色が窓の外にひろがりはじめた時間に、同じようにチームをマネジメントしている3人で話し込む。ミーティングというよりも世間話のような時間だったが、置かれている立場が同じなだけにこころが落ち着く。

 中間に置かれる立場って微妙。これが自営業との大きな違い。先の先輩諸氏とわたしとでは、その軸足の置き方にちょっと違いがあるようだ。そのあたりの間合いと呼吸は学ばなくちゃ。でも、そのうちのひとりのKさんは来週いっぱいで退社される。社員番号がひとけたの彼女に何がそう決断させたのか、こころの奥底は知るすべはないが、危機感に近いものはある。

 そのおふたりからは「23時だとか0時だとかに夕食を食べてちゃダメですよ」というご忠告をいただく。

▲このページtopへ

◆生活編

■6月1日

 天気予報が真夏日になるかもと伝えている。朝から青空がまぶしい。6月のはじまりは気持ちのよいお天気ではじまったが、睡眠時間が短いので木曜日ともなるとさすがにちょっと眠い。ぼーっとしていたのか、けさは洗濯機を回すぞ!と昨夜考えていたのにすっかり忘れてしまった。ベランダに干しっぱなしでも安心なお天気だったのに失敗した・・・。

 駅に向かう途中で、プランターに芽吹いたばかりの朝顔の双葉があるのが見えた。夏も近いんだなぁって実感。そうそう、本日はことしはじめて半袖での出勤だ。この気温でもスーツにネクタイのふつうのサラリーマン氏は気の毒だ。有楽町線の氷川台〜池袋の10分弱でも背中は汗でいっぱいだろうなと同情申し上げる次第。

■6月3日

 この1年間ほとんど外食はせず自炊をしてきた。このところの帰宅時間の遅さからすれば、駅前の「牛メシ屋」で食事を済ませてきて、帰ったらお風呂に入って寝るだけということのほうが睡眠時間確保にはいいかもしれない。いくら時間をかけずに簡単にできるものを作っているとはいっても、後片づけの時間もかかるわけだしね。

 でも、以前にも書いたが、部屋のドアを開けるとそれまでの頭の重さが消えたりする。キッチンに立っている時間がストレス解消や気分転換になっていたりする。帰り道、冷蔵庫にあるもので何を作ろうかと考えるのが、煮詰まっている状態の解消になったりもしている。だから、これまで「苦にする」ことなく、逆に「楽しんで」食事を作ってきた。

 その点でいえば、時間のとれる土曜日や日曜日の食事はさらに「楽しめる」ことになる。きょうべつの買い物があって出かけたドンキホーテで、そんなじぶんへのご褒美として、取っ手の付け替えのできる鍋とフライパンのセットを買った。20cmと22cmの鍋と26pのフライパンとシール蓋・アルミ蓋のセットだ。ホントはパスタをゆでたりするときの小さな寸胴鍋もほしかったけれど、こちらは出番が少なそうなのでやめた。これで、さらに自炊道に磨きがかかるかな?

 ちなみにきょうのメニューは、お昼がカレーパスタにニンジンとブロッコリを添えたものと、水菜とタマネギのサラダ。夜が、厚揚げと豚肉とニラを卵でとじたものに、お昼にたくさん作っておいたサラダをお昼の和風ドレッシングと替えて、ゴマ風味ドレッシングでいただく。夜にはさっそくおニューの鍋を使ってみる。なんか、ちょっと腕が上がった気分だったりして。

■6月4日

大きな決断をしなくてはいけない案件があるのだが、週末はとりあえず動かないことが決まったので、休日出勤を予定していたこの週末の2日間がポッカリ空いた。日曜日のきょうは午前11時すぎに光が丘公園に向けて走っていく。うちのまわりは練馬でも畑が多いところ。この日照不足でもとうもろこしはその背丈をずいぶん伸ばしていたし、キャベツもしっかりと玉をつくりはじめていた。

 公園内を2周して13.8km。気温がさほど高くなかったので、気持ちよい「汗」をかいたとまではいかない。きょうはiPODnanoがお供。きのう借りてきたシングルCDを入れてきたのだが、その中の1曲がツボにはまる。ぐっとこみ上げるものがあって、走りながらポロポロと涙がこぼれ落ちる。誰にも気づかれなかったとは思うけれど、もし見られていたら変な奴に映ったことだろう。

 ツボにはまった曲は、この春のリリース以来ずっと気になっている湘南の風の「純恋歌」。きのう歌詞カードをじっくり読みながら聴いているときにも、こみ上げるものがあって涙を流したわたしだ。51歳にもなって、結婚生活も銀婚式を越しているのに、いまさら「純恋」でもあるまい。涙もろいわたしだけど、こうした「歌詞」がツボにはまってしまうというのは、まっすぐ進むこと、まっすぐに立っていることに、どこかに必死になっているというところがあるのかもしれないな。

 午後は、赴任先が決まって上福岡(ふじみ野市)に居を構えることになった長男の部屋へフライパンを持って訪ねる。会社が借り上げてくれたアパートは建物そのものは築後かなり経っているが、部屋はリフォームされていて壁も畳も新しく、独身の男の子にはまぁまぁじゅうぶんな環境でしょう。何より職場まで歩いて10分というのはうらやましい。

 職場ではスーツということらしく、わたしのようなカジュアルな(かなりラフな)格好でというわけにはいかないのは大変だ。古い部屋なので押し入れはあっても作りつけのクローゼットはないので、壁の梁にスーツが、窓のカーテンレールにシャツがかけてあった。これはちょっと何か工夫が必要かな。

 さて、なんといっても心配のタネは「食事」。2LDKを共有している先輩氏は、コンビニやスーパーでお弁当などを買ってすませているとかで、まったく何も料理はしないらしい。冷蔵庫とレンジは備え付けになっているものの、炊飯器も包丁、まな板もない。今回、フライパンと雪平鍋を買ってやったけれど、これだけじゃ何もできないなぁ。平日はともかく、週末時間のあるときくらいはちゃんと野菜や魚とかを食べてほしいところだけどなぁ。まぁ、こちらはじぶんで考えるだろう。だって、弁当や外食じゃエンゲル係数が高くなるのは必至だもんね。

■6月7日

 時間に追われる1日。六本木への往訪の帰りにスタバでアイスラテを飲んで帰ってきたあと、バタバタしているうちお昼を食べ損なった。せっかく時間がないときにも食べられるようにとおにぎりを持っていくようにしているのに・・・。

 区切りが着いたところでこのところでは早い22時20分退社。千代田線乃木坂の駅で6分の待ち時間。ベンチに腰かけて、お昼に食べ損なったおにぎりをほおばる。べつに恥ずかしくもなかったし、みじめでもなかったし、つらくもなかった。ただ、おなかはそれを要求していただけ。

 そうそう、重宝していたいただきものの焼き海苔がなくなった。こんどスーパーに行ったら買ってこなくちゃ。

■6月12日

 今夜の社内は週明けのわりに人が少ない。「ルールってよくわからない」という女性メンバーも帰っていった。そう、今夜はワールドカップサッカー、日本の初戦だ。わたしは22時50分、前半を中村俊輔のゴールで1点リードしているのをネットの速報で見たところで退社。

 今夜の電車はガラガラ。乃木坂からの千代田線、原宿からの山手線、池袋からの有楽町線、全部座れた。23時すぎといえば朝のラッシュよりも込みあうこともよくあるのに・・・。きょうから読みはじめた宮部みゆきの「ブレイブストーリー」のページが進む。

 氷川台駅を降りたら霧雨。コンビニの角を曲がると静かな住宅街になる。それが住むのによい環境でお気に入りなのだが、きょうに関しては、そろそろ後半が終わるはずのこの時間、歓声のひとつも聞こえてきそうなものだが、どこの家庭も静まりかえっている。「あぁ、これは・・・」。部屋に帰り着いてテレビの電源を入れる。ちょうどオーストラリアのヒディンク監督が大写しになったところ。

 ワールドカップを商業主義でとらえているスポンサーやら、マスコミのため息が聞こえてきそうだ。

■6月15日

 駅に向かう途中、あちらこちらでガーデニングを楽しんでいる家がある。この時期、美しさを増してきているのが紫陽花。2階のベランダに届くくらいに大きな紫陽花が植わっているお宅もある。ビワがたわわに実っているお宅もある。けさは赤い小さなキイチゴの実を見つけた。つるを巻かない背の低い朝顔が満開のお宅もあった。

 うちにも紫陽花があったけれど、昨年の建て替えの時になくなってしまった。でも、妻や母がガーデニングを楽しんでいるはずだ。今はどんな花が庭を彩っているのだろう。氷川台の地下鉄の入り口の横に店を構えるお花屋さん、ちょっと強面のおじさんが切り盛りをしているそのお店は、切り花ではなく鉢物の専門のようだ。何か一鉢買ってみようかなと思ったりもするが、平日は眠りに帰るだけのような生活ではすぐに枯らしてしまいそうで二の足を踏んでいる。もっとも、朝はまだお店が開いていないし、帰りはとうに閉まっているけれど。部屋に花があると癒されるかなぁ?

■6月17日

 あすは父の日。じぶんに向けて希少な某焼酎を買った。それがちょうどけさ届いた。時々利用している愛媛県のshopから火曜日に届いたメルマガに反応して購入したものだ。平日に荷物が着いても受け取れないので、土曜日午前着に指定していたものだけど、じぶんへのプレゼントいうことにしておこう。

 午後は池袋サンシャインシティ文化会館でのサプリメントと機能性食品の展示会に出かける。何か仕事に通じるネタはないかなと思ってのことだけど、これといった収穫はなかった。帰りに同じビルに入っているユニクロに寄る。「父の日」用のラッピンググッズを無料で差しあげますとプロモーションしているなかでじぶん向けに半袖シャツなどを買ってくる。

 長男から「泊まりにいってもいいか」とメールが届いた。OKの返事を送るが、たぶん父の日に絡めてのことだなと推察する。それにあわせて、フローリングの床に敷くラグでも買おうかとドンキホーテに向かう。リビンググッズのコーナーを見て回るうちに、60秒でセットアップ完了というエアベッド2980円也を発見、広告の品798円也の肌掛け布団とあわせて購入。これで長男がちょくちょく泊まりに来ても安心だ。(って、やっぱり親バカだなぁ)

 6時半前に長男が氷川台着。池袋のデパートで長期熟成の焼酎を「父の日のプレゼント」に買ってきてくれた。妻からも配達指定の「20時〜」を過ぎること12分。宅配便の配達員さんは「われもの」と書いてありますからと手渡ししていく。早速開けてみると、なんと「のし紙」がかけられたギフト箱に冷やにあう日本酒と本格焼酎が入っていた。何よりのものではある。でも、今のウイークエンドだけのペースからすると、これは相当な量になりそう。「じぶん買い」は控えておけばよかったかなぁ。

 雨が本降りになりはじめた中を平和台の駅前まで歩いて長男と焼肉。父の日だし、泊めてやるのだから奢らせようかと思ったけれど、まぁ、それもかわいそうかなとカード支払をしておく。もっとも、クーポンがあったので思いのほか安かったのだけど。

 部屋に戻って土曜日の夜の定番「チューボーですよ」や「カウントダウンTV」を見ながらさらにいろいろ話す。長男が買ってくれた長期熟成の焼酎をロックでいただく。名古屋にいた頃はこんなにいろいろ話すことってなかったなぁ。彼がこちらに来てからは密度が濃くなったなぁと思う。さて、エアベッドの寝心地はどうだかな。(でも、当然のようにベッドを彼に明け渡すのってどうよ?)

■6月24日

 今夜は「元ちとせ」のコンサートに足を運ぶ。奄美大島出身の独特の感性と卓越した歌唱力の彼女、わたしも含めてミディアムスローでのびやかに歌い上げる曲が持ち味だというのが評価だと思う。ただ、当然そんな曲ばかりであろうはずはないけれど、同じような曲ばかりで飽きてしまったり、子守歌のような心地よさに眠くなってしまうというような心配も少しあった。

 今、某プラズマテレビのCMで流れていたり、映画の主題歌になっている新曲「青のレクイエム」をアコースティックピアノだけの伴奏で歌い上げたあと、MCをはさんで「じゃあ、みんなで散歩でもしませんか?」という呼びかけからポップなアップテンポナンバーが4曲続く。(山崎まさよしがサプライズゲストとしてステージを散歩していった)あっという間に満員の客席はスタンディングとなり手拍子が大きくわき起こる。中にはプリンセスプリンセス(例えが古いなぁ)とか木村カエラのようなガールズポップの典型のような曲もあった。もっとも独特の歌唱法(節回し)は変わらないが。

 2時間弱のコンサートの感想は、唄ってやっぱりすごいなってこと。一瞬でキラーパスのように聴く者の琴線に響かせることができる。じつは、いろいろ雑念があって正直前半は「元ワールド」に浸り切れていなかったのだが、ほんのひとつのフレーズだけでもそれを変えられるのだ。最後、観客席に向かってお義理ではなくほんとうにありがとうという思いが伝わる「拍手」をしてステージから去っていく歌手はこれまでほとんど見たことがない。彼女の唄に寄せる思いがそこにも見てとれた。

 21時少し前、ホールを出る人波が、すぐ近くの中野駅に着く頃にはふつうの街の風景に溶け込んでいく。帰りの電車に乗り込む頃には目の前にひろがっていたはずの「元ワールド」がいつものJRの電車の車内風景になる。当然のことではあるけれど、淋しくもありもったいなくもある。こんどレンタルであたらしいアルバムを借りてこようと思いながらすっかり雲が多くなった夜道を歩いてきた。

■6月25日

 昨年の6月25日、梅雨の晴れ間で燦々と陽差しが注ぐ土曜日に東京へ生活の拠点を移した。真夏を思わせる暑さで荷物を運び込む業者さんはおしなべて汗だくで気の毒だったが、雨じゃなくてよかったと思ったことを覚えている。冷蔵庫がまだ届いていなかったので駅前まで歩いてマクドナルドに行ったこともまだ鮮明な記憶だ。そういえば氷川台のマクドにはあの日以来入ったことがない。

 この1年、早かったといえば早かった。長かったといえば長かったともいえる。51年の人生の中で濃密さでいえばまちがいなく1,2をあらそうはずだ。この1年でアップグレードしたこともある。残念ながらダウングレードしたこともある。かわらなかったこともある。どちらが多かったのか気になるところでもある。

■アップグレードしたこと
・料理の腕が上がった
・家事能力が上がった
・休肝日が増えた
・短い睡眠時間にも体調をくずさなかった
・風邪をひかなかった

■ダウングレードしたこと
・走力
・視力
・甘いものを食べるようになった

 そして・・・プロジェクトマネジメントの能力が足りないこと、これまでの人生の中で培ってきたものが思っていたほどには通用しないことがわかったのもダウングレードか。

■かわらなかったこと
・気持ちの切り換えの速さ
・がまんづよさ
・落ちこまない性格

 外から見ていた仕事と中に入ってみてわかった仕事との間には、当然のことながら違いがあるものだ。はじめからわかっていたことだけど年齢の差も大きい。だから、うまくいかないことも多々あった。ただ、天性の立ち直りの速さというか落ちこまないわたしなのでここまで破綻なくやってこられた。

 そして、東京366日目を迎えた今、この街でまだがんばっていけるとおもっているじぶんがいる。

■6月28日

 本日の退社は21時40分。氷川台では駅前のスーパーに寄ってくる。ダイコン・バナナなどちょっと重いものの他、特売に出ていた12ロールのトイレットペーパーを買って帰ってくる。東京に引っ越してきた日の日記にドラッグストアでトイレットペーパーを買ったことが書いてある。1年くらいありそうだとコメントしているが、ほんとうにちょうど1年あった。1年で12ロール使い切って、ちょうど今は新聞販売店からもらったロールを使っている。きょう買ったのも12ロール、また1年分なのかな。
 



▲このページtopへ
 

<戻る>       <次へ>