舵を切る

 

◆2005年3月10日

 東京駅11:00着、東京駅15:26発。滞在時間4時間26分のあわただしい上京。その中の2時間半が、これから先のわたしにとってのキーパーソンとなるかもしれない人たちと「刺激的な」面談。取締役といっても平均年齢が30代前半、頭の回転が速く、将来を見据えたビジョンをしっかりと持っている彼らとの会話は、テンポもスピードも緊張感もあって、さながらことばの真剣勝負の様相。でも、すごく楽しかった。

 事業計画を描く段階からご意見をいただきながら進めたい、と言われていたわけだから、何某かのプランを示す必要があるだろうと、きのう事業プランをひとつパワーポイントで作っていった。じぶんたちが進めようとしている方向がまったく見当違いではなかったということが裏付けされたと好意的に受け止めてくれた。

 しかし、練りに練って持ち込んだ企画とは言い難いので、早速「物流」の問題など、とりあえず曖昧にしておいた部分にはチェックが入る。刺激的な仕事とはなりそうだが、はたしてもうすぐ50のわたしに勤まるのだろうかというネガティブな思いもまた顔を出す。

 会議室で企画案を前にしたやりとりのあと、場所を移して食事をしながら意見を交わす。そこは、かの「六本木ヒルズ」の最上階(?)。残念ながら下界を見下ろせる窓側の部屋ではなかったけれど、なかなか優越感を感じさせてくれる個室だった。先方は、そうそうこういうところを使うわけではないんですよと言っていたが、そんな配慮がうれしい。

 食事をしながら、あらためて会社の概要などの説明を受ける。取締役会としてわたしの参画をよろこんで迎え入れたいという意思を表してくれた。わたしに期待され求められているのは、街のお化粧品やさんを自営してきたということと、その街のお化粧品やさんの全国組織の中で、お店の活性化のために知恵をしぼってきたという実績だ。これまでやってきたことが評価され請われることって、なんて幸せな奴だろうと思う。

 ただ、ひとつ気になるのは、わたしが関わることになるだろうセクションの取締役であるT氏だ。彼も30代前半のはず。それが50のおっさんを使わなくちゃいけないのである。わたしには抵抗は全くないのだが、彼としては扱いづらいだろうなぁと正直思う。それは取り越し苦労だよって早く払拭してあげたいところだ。

 お店を閉めるとしても、きょう決まったからすぐにというわけにはいかない。うんと少なくなったとはいっても、うちのお店を利用、愛顧してくださっているお客様がある。その方たちへの周知徹底期間と、サービススタンプなどの精算の期間をある程度設けなくてはいけない。リース契約しているパソコンやPOSレジ、カウンセリング機器や、駅にある交通広告など、片づけていかなくてはいけない事柄も多い。なので、5月末日閉店、7月1日からフルコミットで仕事に就くというスケジュールになりそうだ。

 先方からは、フルコミット体制になるまでの間の4月から6月も、事業の展開の速度をゆるめるわけにはいかないからと、担当取締役のT氏と交互に出張したりしながら、アドバイザー的な関わり方をしてほしいとも言われた。いきなりアクセルをいっぱいに踏み込んで走り出すような感じだ。出遅れないようにしなくては・・・。

 帰り際、CEOのY氏から握手を求められる。こんなおじさんだけど一生懸命ガンバルからよろしくねという思いでその手を握り返す。先に話にのぼっていた年俸をボトムとした条件面の提示を今月中に受けることも決まった。いよいよ本当に「化粧品店の廃業」「転職」という50歳の大転換の舵が切られることになった。

▲このページtopへ

◆2005年3月11日

 妻との人生設計をめぐる話はあいかわらず飽くことなく続く。ただし、ステップはひとつ先に進んだ。賃貸併用住宅については週明けにも次の動きがありそうだ。きょうの懸案は、はたして提示された年俸で暮らしが成り立つかというところにある。毎月固定的に払っている費用の洗い出しを進める。光熱費・保険・電話料金などなど・・・。不要不急のものはとにかくカットしなくてはいけない。お店のみで必要としていたものはもう不要だ。早速、駅の交通広告の契約を解除した。

 ここまでは妻とふたりで人生設計を描いてきた。いずれは巣立っていくことになるのだろうが、今はまだこの設計図にはふたりのこどもも書き込まなくてはいけない。同居の母親もまたおなじだ。大学院生の長男は来年3月の卒業に向けて就職活動を本格化させている。次男はこの4月から大学生だ。地元の学校に進むのだから、少なくとも4年間はパラサイトということになる。

 今夜、こどもたちにわたしたちの人生設計を話して聴かせる。べつにいい格好をするつもりはなかったが、余計な心配を与えたくなかったので、これまでお店の経営状態についての話はしてこなかったから、ちょっと驚いたようだった。ふだんはマイペースのB型長男は、急激な変化が起こっていくことに対して「う〜ん・・・」と首をかしげたりしている。来年になればきっと僕も働いていると思うから・・・とも言う。そのタイミングだったら何かが変わるというわけではないが、それは彼の優しさのなせる技か。

 ふだんは気が小さく心配症のA型の次男は、こどもの頃から「ここ一番」という大勝負になると肝っ玉が据わるようなところがある。珠算の検定しかり、近くは大学の一般公募推薦入試しかり。なので、この話もどっしりと受け止めたようだ。

 この年での単身生活ってだいじょうぶなの?って心配してくれたのはうれしかった。じぶんだってホントにだいじょうぶかと不安に思っていることでもある。だって、生まれてこのかたいちども自宅以外で生活したことのないわたしなのだから・・・。

▲このページtopへ

◆2005年3月12日

 今夜は、母へ話すことにした。創業50年、父とともに一から築き上げてきた「お店」を閉めてしまうこと。そしてお店であるとともに生活の場でもあった「建物」を壊してしまうことには、心情的に認めたくないこともあるだろうなぁとシミュレーションする。でも、思いは断ち切りにくいかもしれないが、未来に向けて今はこうすることが、わたしたち家族にとってベターな選択であるということを理解してもらわなくては、一歩も先へ進めない。

 ふだん母親とはまともに話をしない愚息のわたしは、どうにもならない状況であるということと、こうするしか家族みんなでの生活を守っていくすべはないということを、キッチリと伝えなくちゃいけないと思うがあまり、紋切り型で断定的で怒ったようなものの言い方になってしまったようだ。あとから、妻に散々な評価を受ける。

 それでも、一応「わかりました」という返事を受ける。ただ、1回の話で背景から何まですべて理解できたとは言い難いので、これからも計画が進んでいく節目節目で、噛んで含めるように話をしていかないといけないだろうと思う。なにせ、これから賃貸併用住宅の経営というプランを実行しようとしている土地の半分は母親のものだから、だましたり、丸め込むというようなことはできない。

 あすの夜は、甥っ子の高校入学のお祝いを届けがてら、妹に話しにいこうと思う。彼女は、母親名義の土地に関しては相続の権利を持っている。

▲このページtopへ

◆2005年3月13日

 P社の若い担当者が、このあたりの賃貸事情(家賃相場・供給状況・空室率)などを調べた資料を持ってやってくる。駅に近く、公共施設が集中して住環境は悪くないと思っていたのだが、思ったより家賃相場が低い。地下鉄沿線のほうが引き合いが多く、JRと私鉄から至近というのでは、ワンランク下がるのだそうだ。

 他との差別化のためには、おなじ1Kや1LKでも間取りが広いとか、設備に付加価値が求められるともいう。なかなかこのフィールドでの戦いも厳しいものがあるようだ。とりあえず、面している公道から奥に20mまでは近隣商業地域になっているので、建ぺい率と容積率に少々恵まれていることは救われた思いだ。

 P社の彼は5階建てくらいを考えているという。まだ具体的なパースは見ていないが、考えもしなかった大きさなのでちょっと「目からウロコ」である。

▲このページtopへ

<戻る>    <次へ>