内定なのか

 

◆2005年2月

 妻との間で、わたしの50歳からの人生設計の話が頻繁に交わされるようになった。並行して妻の父親の介護の話も同時進行で大きく動き出そうとしている。じつは先月買い物に出た先で転倒し、骨折こそしなかったまでも顔と腰を強打したのだ。今は入院加療中なのだが、退院後のことを考えなくてはいけない。こういうことがあるといつまでもひとり住まいというわけにはいかない。

 わたしのほうの人生設計もいくつかのパターンが考えられる。昨年来のメーカーさんからの提案のように規模を縮小して妻がひとりでできるお店をめざすこともひとつ。でも、これには建物の改築を先送りにして店舗だけに投資することが得策かどうかという疑問点が残る。もとより、その投資を回収できるだけの売上が確保できるかという根本的な問題が横たわっている。

 それに「前向きに」「真摯に」受け止めてもらっているとしても、果たして家族を食わせていけるだけの収入を補償してくれるのかどうかということだってハッキリしない。まだまだ確定的な人生設計を描くにはピースが足りない。これらがキッチリ埋まらないことには絵は完成しない。

 それでも、お店を閉めてしまったら、あのお客さんはどこに化粧品を買いに行くのか困るだろうなという人の顔が思い浮かんだり、いやいや、自然におさまるところにおさまっていくものだからと思い直したり、昨年の秋にお店を閉めた知り合いのことばを思い出したりしながら、真剣に50歳からの人生設計を考えているじぶんがいる。そして、妻もまた真剣だ。

 次に一歩をどのように踏み出すかは、18日の全体協議会のあとにする話し合いの結果にかかっている。それまでは仮定の話でしかない。あまり期待をふくらませてもいけないし、妙に縮こまってしまってもいけない。

▲このページtopへ

◆2005年2月14日

 わたしたち「街のお化粧品やさん」のプライベートブランド商品だった「ハンドトリートメント」と「クレンジングウオッシュ」が、この秋で打ちきりとなることになった。簡単にいえば、わたしたちに売る力や育てていこうという熱い思いが欠けていたために、メーカーから絶縁状を叩きつけられたというところか。交渉の過程でのやりとりに齟齬があったという話も聞こえてきたが、要は「売れなかった」のだからしかたない。

 化粧品組合という組織は、株式会社ではなくゆるやかな横のつながりの連合体だから、「売らなくちゃいけない」と強制することはできない。チャネル横断型の大手メーカーの商品では苦境に立たされているわたしたちなので、じぶんたちだけが扱うことのできるものの価値をもっとわかってほしいと思うのだけど、一国一城の主を相手になかなか強くは言えないところが歯がゆかったりするが、全粧協という組織のもつ限界も感じる。だからといって、それを投げ出すというわけではない。

 きょうはバレンタインデー。東京の本部事務局の女性2人から連名でバレンタインデーのチョコが届いた。それが「想ひそめし」という名の「ちょこあられ」。とってもお上品である。開けてみたらいきなり「ハート型」のしおりが出てくるわ、商品名は「想ひそめし」だわで、なんかとてももてちゃっているような気分。

▲このページtopへ

◆2005年2月18日

 昨年11月に改組となって、以前所属していた情報システム研究委員会と教育研修委員会がひとつになった教育情報委員会として、はじめて迎えた全体協議会。17日午後からの委員会審議、そして18日の答申と無事終了。若いメンバーが新たに2人加わったこの委員会は活躍が期待できそうだ。図らずも委員長を拝命することとなってしまった。今後、ご迷惑をおかけするやもしれぬと思いつつ、今はまだ胸の奥に秘めているものを明らかにできないのでやむを得ない。

 その委員会での決定事項やら審議事項をもって乃木坂のI社のオフィスにYさんを訪ねる。はじめの15分ほどは、オフィスのフロアをパーテーションでいくつにも区切った応接で、それらを報告するとともに今後の進め方を打ち合わせるという「全粧協」側窓口と「 I社」側窓口の事務的な話だった。

 そして、おもむろに「メールいただいた件については、ここではなくて社外に出てお話ししましょうか」と切り出されて、となりのビルのティールームに移動する。このあとは通常の就活でいえば「会社説明会」と「役員面接」とがいっしょになったものといったところか。まず、わたしどもの状況をということで、売上の状況や今後の見込み、社員の構成などなど、仔細にわたって Iという会社の説明を受ける。そんなことまで話してもらっていいのかとこちらが思うくらい、しっかりと話を聴いた。真摯にわたしの申し出を受け止めてもらっていることが感じられてうれしい。そして、こんどはわたしが今回エントリーするに至った経緯と、 Iという会社をどのようにみているか、どんなことができそうだと考えているかをありのままに話してみる。

 もし、ご一緒にということになったらフルコミットいただけるのか、アドバイザー的な関わりかたなのでしょうかとの問いには「こちらに来てフルコミットするつもりでいます」と即答する。新しいフィールドに踏み出す以上、中途半端なことはしたくないのだ。50歳の転身には退路を断って真っ直ぐ前に進むことしか考えられない。ならばと、ざっくりした年俸の話になる。となると、わたしには「東京での単身生活を維持して、なおかつ名古屋の家族を養える程度」としか言えなかった。果たしてこのわたしにどのくらいの値が付けられるのか、それは先方の値踏みにかかっているような気がしたからだ。

 それでもザクッとした年俸の数字の話となる。宮仕えの経験がいちどもないわたしには、もうすぐ50という年齢でふつうどのくらいの年俸をとっているかはわからない。ただ、その数字は学歴も職歴もないわたしの転職にあたっての「値踏み」としてはかなりの好条件ではないかという気がした。もちろん、それは今の化粧品店での収入より多いが、それで「東京での単身生活を維持して、なおかつ名古屋の家族を養う」ことが可能かどうかはにわかにはわからない。

 話し合いは1時間半くらいだったような気がする。すっかり外は日が落ちて暗くなっていた。「この次は、是非弊社の取締役とお会いいただきたい」ということば。そして、「今、検討している次年度の事業計画の中で、どのように関わっていただくかを考えて、ポジショニングを決めたところでまたご連絡します」ということばは、いわゆる「内定」と思っていいんだよねって、地下鉄に乗りながら考える。いんだよね、内定で。

▲このページtopへ

<戻る>    <次へ>