PICOさんの日記 2002.05


2002.05.01  52.8kg 12%

 夜通し降っていた雨は明け方にはあがったけれど、雲はとれずどんよりしたネズミ色の空。気温はさほど高くないので湿度のわりにはムシムシした感じはない。きょうから5月、お店関係のことではないところで、いろいろ変化や異動がありそうだ。本来の飯の種に影響が及ばないようにしなくちゃいけないと気を引き締めている月初め。

2002.05.02     52.8kg  12%

 スッキリと五月晴れの予報だったのに、朝起きたら相変わらずのどんよりとした曇り空。霧のような雨も降ったりした。西の空に集結した惑星たちを眺めたいのだが、このところお天気が悪くて見ることができないでいる。せっかくのチャンスなのにね。

2002.05.03  52.2kg 12%

 まだ雲が多めだが5月に入って初めて青空がいっぱいにひろがった。さわやかな風もやや強めに吹いて快適。きょうからカレンダーは4連休、あまり行楽日和になってしまうとお店の営業的には痛手となるのだが・・・

2002.05.04  52.4kg 12%

 五月晴れもきのうの夕方まで。けさは7時過ぎから雨粒は細かいけれど降りだしている。でも、おかげでちょっと助かっていることも・・・。きのうは晴れて風も強かったせいで、久しぶりに「花粉症」が酷く一日憂鬱だった。たしかにいつもはゴールデンウイークの頃まではダメだったのだが、ことしはヒノキも早めに終わったはずだったのに、きのうは何に反応してたんだろう・・・。とにかく目も鼻も最悪状態だった。けさはさすがに「雨」のおかげでちょっと鼻がグシュグシュする程度でぐっと楽になったけれど。

2002.05.05  53.0kg 12%

 7時過ぎ雲の間から薄日が射しはじめると、徐々に青空がひろがっていった。きょうは青空に恵まれそう。来週のきょう(日曜日)は、朝5時スタートで野辺山のウルトラマラソンを走っているはずだ。あざやかな木々の緑とお天気がよければ遠くに南アルプスの山並み、さらには富士山も小さく顔を見せるはずだ。コースは起伏も大きく過酷だけど、自然がいっぱいのなかを走れることと、地元のみなさんの温かいエードが楽しみだ。とはいっても、100kmウルトラマラソンは1999年の「秋田内陸」以来、2年8ヶ月ぶりだ。昨年1年間は業爆と、走りへのモチベーションが下がったこともあってとうとう一度も大会にエントリーしなかったし・・・。このところ小さく積み上げて月間の距離はまぁまぁ稼いでいるが、ロングの練習と起伏への対応は圧倒的に不足している。持久力と 完走への強い気持ちで乗り切れるかどうか、ちょっと不安は隠せない。

2002.05.06  50.8kg 11%

 すがすがしい五月晴れのゴールデンウイーク最終日。きょうもいよいよ来週に迫った「野辺山」に向けて、最後の悪あがきの練習ランを。東山一万歩コースの起伏のある未舗装のコース(6.2km)を仮想野辺山に見立てて2周してくる。<計36.2km>ことしは定休日の月曜日が2回ともカレンダーのおやすみの日と重なったが、先週は人出の多い時間帯と重なって、こちらも走りづらかったし、歩いている人にも迷惑だっただろうから早めのスタート。朝の空気はひんやりしていて気持ちよかった。まぁ、こんな程度の付け焼き刃の練習じゃ標高差500mと650mの2つの山越えに自信はうまれっこないがちょっとだけは安心感をもてるかなというところ。きのうからはじめた食事制限も順調にきていて体脂肪率も体重も落ちた。このまま水曜日まで落としていって、木曜からはリバウンドで炭水化物を一気に身につける計画だが・・・

2002.05.07   52.8kg 11%

 朝5時スタートの野辺山ウルトラマラソンに向けて、少しずつ早起きにしはじめている。けさは小さな雨音で目覚める。小止みになったりで走れないこともなかったが、風邪をひいてもいけないし、でも、あと2〜3日追い込んで疲労をピークに持っていこうとも思うしで、悩んだが走りに出なかった。そうしてみるとお店を開ける時間までが長いこと。とくにきょうは新聞休刊日だったしね。

2002.05.08  52.2kg 11%

 けさも雨音で目覚める。起きだして見ていた日本代表とレアルマドリードのサッカーの試合は土砂降りの雨でボールが転がらない。梅雨のシーズンのW杯のいい練習か? で、こちらは雨が上がって雲の切れ間も見えはじめたと走り出したら、すぐに小雨が。いつもの緑地に着く頃には本降りになった。もしや降られたらとウインドブレーカーを着てでたのが功を奏したが、準備がよすぎたか? 結局走っていた55分の間だけ雨だった感じ。うちに戻ってきたらこんどこそ本当に雲が切れてきた。まぁ、週間予報がよくない今週末に向けて、雨の中の走りを練習したと思えばいいやと負け惜しみ。

2002.05.09  52.0kg 11%

 雲は多めだけど、けさはカラッとしたさわやかな朝。木曜日の朝は資源ゴミの収集日。自販機の横に置いてあるBOXの片づけをする。ビン・缶は自販機にも入っているからいいけど、うちの自販機には入っていないペットボトルのゴミが最近とても多い。飲み残しを入れたまま捨てていく人が多いので衛生上よくないなぁといつも思う。もっとも、それより困るのが缶やビンを他のゴミと一緒にコンビニの袋などに入れて捨てていく人。しかもご丁寧に固く口をしばったりしてくれている。そして、もっと困るのが生ゴミを捨てていく人。きょうは干し柿の種とへたがでてきたぞ! ちょっとしたマナーなんだけどねぇ。

2002.05.10  

 あさってのウルトラマラソンに向けて、昨日の早朝の走り以降、反転して炭水化物の摂取に取り組んでいる。昼夜ともにいつもの倍くらいのごはんを食べ、お夜食にスパゲティサラダというメニューだ。それでも満腹感をあまり感じないのは何故だろう。これがうまく身に付いてくれないと10時間強(の予定)の長丁場、エードだけでの給水・給食では十分な力が出せない可能性がでてくるんだけどなぁ。

2002.05.11

 きのうの夜の時点で54.2kg。一応の炭水化物摂取作戦の効果はでているようだ。きょうは13:00名古屋発の「しなの」で野辺山に向かう。ずっと雨やくもりのマークだった予報が、きのうから「晴」マークに変わっている。雨対策ばかり考えていたが、一転日やけ対策を考えなくちゃいけないかな?

2002.05.12  52.0kg

「星の郷野辺山高原100kmウルトラマラソン」10時間50分 59位で無事完走。何度も車で越えた「馬越峠」はじぶんの脚で挑むにはやはりハンパじゃない上りで、それまでにしっかり酷使された脚には駆け上がる余力はなく、頂上以降の20数kmを考えひらすら歩き通す。途中から違和感が出だした左膝をだましだまし走り続けたが、最後の10kmを56分15秒で走り切れたことなど、気持ちが最後まで切れなかったのがうれしい。だから、ゴールのアナウンスに応えて笑顔でゴールできた。ウルウルしなかったのは、途中の歩きに満足いかない部分があったからなのか・・・。幻想的な濃霧の中ではじまり新緑も草花もキレイだったし、最後はくっきり姿を見せた八ヶ岳に迎えられるなど、過酷だけど挑みがいのあるすばらしいコースだったと思う。じゃあ、来年も?と言われたら・・・。

2002.05.13  52.8kg

 朝、8時40分に野辺山駅を出て、小淵沢乗り換えで東京・東日本橋の化粧品組合の事務局へ。午後からインターネット上で展開しているいくつかのコンテンツの今後についての打ち合わせ。5時に終えて「おつかれさん」とちょっと一杯。朝はスッキリ目覚めたし元気だったはずだが、なんだかどっと疲れが押し寄せてきて、帰りの新幹線は爆睡だった。

2002.05.14  52.8kg 11%

 けさは7時半に元気に起床。両股の前側に筋肉痛が残る。階段の下りにちょっと気になるが、とりあえずまあまあ「ふつうの人」状態。いない間にたまった山のような仕事の片づけに追われる。筋肉痛だの何だのとグズグズいっているわけにはいかない。午前中にきのう一緒だった人から「新幹線、大阪まで行っちゃわなかった?」と心配して電話がかかってきた。そんなに酔ってたのかなぁ? そんなに飲んでないのに・・・

2002.05.15  

 筋肉痛はほとんど解消した。軽く走っても平気という感じだ。かわってきょうは鼻水じゅるじゅる(汚くてゴメン)。花粉症なのか風邪なのかわからないが、鼻血が混じるくらいだから花粉症かな、でも、ちょっとのども痛いような気もするぞ・・・風邪かなぁ? って、片づけなくちゃいけない仕事がいっぱいで、そんなことを考えているような暇はないや。

2002.05.16

 きのうの鼻水は、どうやら風邪のひきはじめだったようだ。けさは鼻水はおさまったがノドが少し痛い。ただ、目のかゆみもあるので、イネ科の植物による花粉症の症状も加わっているようだが・・・

2002.05.17  53.4kg 11%

 きょうもぐずついたお天気だ。小雨が降ったり止んだりしている。筋肉痛はもうすっかりないのだけど、お天気のせいもあって走りを再開するタイミングがつかめないでいる。風邪の症状もほとんどおさまってけさは「朝風呂」を楽しんだりした。

 きのうの夜、コンビニを経営する同級生と偶然出会った。おたがいの商環境の厳しさを話し合う。酒屋をたたんで1km以上離れたお得意さんもいない場所にコンビニを出して8年目の彼、早い段階の決断で今があるようだ。そのコンビニ業界もお酒の販売の自由化が来年9月に控えているらしいし、いよいよコンビニ業界の巨像「セブンイレブン」がこの秋には愛知県内に進出してくる。的確な状況判断が求められる時代だと思う。わたしたちの化粧品業界もうちのような地域密着の店の場合は、テレビで華やかに宣伝する商品を売ることよりも、地元のおばちゃん、おばあちゃん相手に、世間話を聴いたりしてあげながら、クリームの1個を買ってもらうような業態へ転換しないといけないと思っている。そんな話を立ち話で40分近く・・・。

2002.05.18

 お天気の回復は遅く、けさも雨はあがったもののどんよりと曇っている。きのう来月はじめに廃業するという近くの同業者を訪ねた。2代目の彼はわたしより3〜4つ年下のはず。親の代の創業、じぶんの土地・建物での営業、家族で切り盛りするなど、商売の環境がそっくりだけに、「廃業」の知らせはショックだった。明日は我が身か・・・と、政府の「景気底入れ宣言」が空々しく聞こえる。夜、いつも利用していたレンタルCD・ビデオの「TSUTAYA」に出かける。このお店も19日で閉店という。はやくもお店の一角では段ボールを積み上げ、旧作を片づけはじめていた。気のせいかバイトくんたちも元気がなさそうに見える。なんかせつない一日だった。

2002.05.19  52.4kg 13%

 野辺山から1週間。けさからJOGを再開した。朝早いうちは冷たい空気が入っていて曇り空だったが、徐々に雲が切れ陽射しが差し込んできた。ちょうど先週の野辺山のようなお天気だ。日常の生活ではもうすっかり筋肉痛も疲れも感じなくなっていたのだが、走りだしてみると先週苦しめられた左膝の違和感がじわっとでてきたりして、まだまだダメージが完全には消え去っていないことがわかる。それでも久々の早朝の緑地は緑もいちだんと濃くなっていてとても気持ちよかった。この気分のままきょうはいい1日になるといいな。

2002.05.20  52.2kg 13%

 きのうは園芸業の午後だった。いただいたトマトの苗をプランターに植えるというのがもともとの作業だったのだが、ついでに、そのプランターを置こうとするあたりの草むしりにはじまって、隣のうちとの境にある柵から向こうに伸び始めていた小木の枝を切ったり葉を落としたり、家の壁をはい上がりはじめた蔦や桂を切ったりと、雨上がりの午後を外で過ごした。別段力仕事というわけではないが、ふだんと違う仕事に夜に入ってちょっと気だるさを覚えたりした。なんと「軟弱」な体質なんだろう・・・けさは快晴。キラキラした陽射しがトマトの苗にそそいでいる。うまく根付いてくれるといいのだけど。

2002.05.21  51.8kg 12%

 きのうはお店で扱っている健康食品のセミナー、そしてきょうは所属している同業者組合の総会と外出が続く。きょうの総会では理事・役員改選がある。毎度のことながらそれなりのシナリオは用意してあって、すんなり「一任」をとりつけ終わらせたいところだ。表立って反対を唱える動きはないのだが、ちらちらと不満の声も耳に入ってきている。つまんないことで紛糾したりしないでほしいと思っている。もめたところで結局誰かは今後2年間の舵取りをとらなきゃいけないわけで、しっかりした対案のないクレームは禍根を残すだけだから・・・さぁ、はたして・・・。

2002.05.22

 けさは6時に一旦起きだしたのだが、どうにもからだがだるい。いつもなら起きてきてお水を飲んで、すぐにトイレに入って「快便」となるのだが、きょうは出なかった。それでもいつもどおりのトーストの朝食を摂って新聞に目を通していたが、一向にからだが目覚めてくる気配がない。ということで、走るのはやめてもう一度ベッドに。1時間あまり眠ったが、まだもうひとつスッキリしないが楽にはなった。きのうからまた目がかゆいし、鼻水とノドにきている「風邪」の症状も先週から引きずっている感じがある。
 きのうの「人事問題」はシナリオどおりで決着した。大山鳴動して鼠一匹という感じで、拍子抜け。

2002.05.23  53.0kg 11%

 けさも寝起きはイマイチスッキリしなかったが、きのうよりはよかったので気分転換を兼ねて走りに出る。曇り空できのうの日中の暑さを残しているのか朝から蒸し暑い感じ。それほどペースをあげていないので汗だくとまではいかなかったが、気持ちのよい汗=スッキリさわやか、気分転換!とはならなかった。

2002.05.24  52.4kg 12%

 けさはすっきりと五月晴れ。北よりの風が強めに吹き抜け気持ちよい。でも日中はおとといと同じくらいの27℃くらいになるようで、「暑い」と感じる一日になりそうだ。このところ公私ともに期限がついた仕事をいくつも平行して抱え込んでいて、きょうはどれにとりかかるべきか・・・と思い悩む日々が続いている。そんな中できのうは朝の走りではスッキリしなかったのに、いくつかの仕事がスムーズに片づいて「ちょっと満足!」という気分になれた。こんな日がつづくといいんだけど・・・。さて、きょうはまず何をやろうかなぁ。

2002.05.25  52.8kg 12%

 きのうにつづいてスッキリ五月晴れ。しかし、きのうからまた「目のかゆみ」がひどい。この時期はイネ科だったっけ?晴れて風が強くてさわやかなのはいいけど、これはつらいなぁ・・・。
 けさというか夜中の3時頃、サイレンがやたらとうるさかった。聞こえてくる感じとしては犯人を追ってぐるぐるとパトカーなどが走り回っているようだった。気にはなったが見に行かなかった。そのあと夢の中では、それが仲間割れの殺人事件らしいなどという展開となっていたが・・・朝になってわかったことだが、100mほど先の居酒屋などの入った3軒長屋が全焼していた。けが人もなく殺人も起こっていなかったが、黒焦げの現場にびっくり・・・

2002.05.26  53.0 12%

 五月晴れ3日目。きのうの28℃にはビックリだったがきょうも暑くなりそうだ。高1の次男が細かいニキビをいくつか作っている。まったく服装やら髪型に気を配らない長男と違って、中学の頃から寝ぐせを気にして朝シャンをしてみたり、まずは鏡に向かうなど、今どきの男の子(っていうかこれがふつうだ)の次男は、「これなんとかなる?」と聞いてきたので本職としては、圧出などのお手入れをしてやった。最近 ずいぶん低くなった声でぶっきらぼうに「ありがと」と言ったけど、顔はけっこううれしそうだった。それにしても同じ兄弟でもずいぶん違うものだ。

2002.05.27    53.0kg  12%

 2日続けて28℃を超えるという「暑い」週末だったが、昨日深夜からけさにかけての雷と短時間に一気に降った雨とで、空気が入れ替わりけさはちょっとひんやり感じられる朝だった。それにしても5時頃の雷と雨はにぎやかだった。ものの10分ほどで雨は止んでしまったけど、いさぎのよい(?)降り方だった。このあと、きょうあすとちょっとハードなスケジュールだ。とくにあすは肉体的にではなく、交渉事などの精神的なハードさが待っている。

2002.05.28

 昨夜、名古屋での仕事を終えたあと、6時から8時過ぎまで地元販売会社の支社長の歓送迎会。その司会を務め、締めたあと「のぞみ」で上京。23時頃ホテルに入るが、その直前に仲間から携帯へ電話。鍵だけ受け取って部屋には入らず、あすの会議の打ち合わせに加わる。すでにかなりできあがっている人もあってテンションが高くなっている。なんか乗り遅れた感じだが、こちらもタフな展開が予想される会議に向けて、テンションをあげていく。で、眠れなくなってしまった3人ほどで、2時まで。それでも6時半にはスッキリ起きられた。

 会議は予想どおり、はじめから話がかみ合わない。すべてが決定済みで既成事実のような態度に終始する先方と、話を聞いて事後承諾するだけというような屈辱的な役回りはかなわないというわれわれとの間で火花が散る。いつもあまり意見を言わないひとが先鋭的な発言をしたりとか、ふだんはおとなしい(笑)わたしが、反撃ののろしをあげる1発目のカウンターパンチを繰り出すなど、べつに真剣に打ち合わせたわけでもないのだが、いつもと違うぞという強力なインパクトを先方に与えられたような気がする。そして、最後はちゃんと百戦錬磨の専務理事さんがうまく「落としどころ」に軟着陸させてくれて・・・

 夕方までびっしり打ち合わせをして、そのあとはちょっとご褒美のお食事。結構呑んだけどテンションが高いままで、最終のぞみで名古屋に戻ったあともちっとも眠くならず、2時近くまでメールチェックなどを・・・

2002.05.29  53.6kg 13%

 2日続けてらしくなく「夜更かし」だったわりにけさもスッキリ起きられた。きょうはこの2日にたまった通販の出荷などの仕事の山と取り組む。蒸し暑い一日。店の中で仕事していてもじんわりと汗ばむくらいの午後。

2002.05.30  53.2kg 13%

 けさは5時前に目が覚めた。いくらなんでもまだ早いともう少し眠ったが、このところのテンションの高さを引きずっているのかもしれない。たしかに並行して進んでいるいくつかの仕事の中で、これはきょうまでに仕上げるとか、確認をとらなくちゃというものが細かいことながら山積していることも事実だ。
 けさ、朝の「走り」から戻ってきた時、近くの国道の交差点で自転車で学校に行く途中の次男と出会った。片側3車線の広い道路の両端で向かい合うかたちになっての信号待ちだった。軽く胸の前で手を振ってやったら、首を縦に振って「気づいてるよ」ということは伝えてきた。彼の横にも後ろにも同じ高校に向かう子たちがひとりふたりと増えてくる。信号が青に変わってすれ違うことになるのだが、彼はまっすぐ前を向いて言葉を交わすでもなく自転車を走らせていった。そうだよねぇ、わたしが彼だったとしてもそうしたと思う・・・だって、朝から半袖ランシャツにショートスパッツで汗をかいて走ってるおやぢとはねぇ・・・

 きょうはやたらと来客の多い一日だった・・・。

2002.05.31 

 朝からどんより曇っていて、起きだした時には細かい雨が降っていた。それで、すぐに走るのをやめて、お店の開店前の時間から、きょうの段取りを追って、できることからはじめている。6月1日付で、ネット上のあるコミュニティのマネージャーを務めることになっていて、それにあわせてリニューアルをすることになっている。これまで少しずつ準備を積み重ねてきているが、何か忘れているような気がしてならない。加えて、月末に必ず行わなくちゃいけない仕事や作業もあるので、効率よく行っていかないと予定した時間どおりに終われない可能性もある。まずは、朝イチに郵便局、銀行を回ってきた。このあと、これが先で、次にあれで・・・ 年度末にシステム統合を強行して大きなトラブルをおこした「みずほグループ」みたいなことにならないようにがんばろうっと。予定どおりいけば、6月1日1時には無事終了のはずなのだが・・・


トップページに戻る     先月の日記へ   今月のランニングダイアリーへ