2000.6


●そろそろ梅雨に入る。次の目標を8月27日の「北海道マラソン」に定めているから、今月はスピードより持久力を養っていきたいところだ。雨の合間をうまく縫って距離を稼いでいきたいな。

 1999年年間走行距離 4210.7km  1999年6月は 327.9kmでした。 5月の日誌へ 

  

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

単計
457.7 408.1 427.1  459.3  365.1 415.6            

累計
457.7 865.8 1292.9 1752.2 2117.3 2532.9            


天候

走行
距離

分/km

練習内容・メモ

体重
体脂肪率
17.1km 4:58 雨上がりの青空。6時起床、7時スタート。きょうも北西の風がつよくさわやかだが、空気はすこしづつ熱を帯びてきているのを感じる。あのまとわりつくような名古屋の夏が近づいている。きのうのPTA歓送迎会の二次会の「中華」「紹興酒」のせい(?)か体重・体脂肪がいつもより少し多い。 52.6 12%

17.1km 4:41 けさもさわやかな青空。6時の気温が17度。ときどきは速筋にも喝をと、きょうはフルマラソン用の軽量シューズ<COMP700>で出かける。ビルトアップ的に少しずつペースをあげていき、最終周回はkm4:17ペース。 52.2 12%

17.1km 5:00 どんより曇り空。湿り気を含んだ南風が吹いている。そんなお天気のせいもあってか起き抜けからからだが重くスッキリしない。走りもそれにあわせるように重かったのでペースをあげずに周回を重ねた。 51.8 11%

17.1km 5:00 朝6時の気温が19℃。北西の風がやや強めに吹き抜け、木立の中を走るのは快適だ。気分はさわやかだが脚のほうはあいかわらずの状態。けさも無理しないぺーす。ひさびさに週間の距離が100kmを超えた。 51.8 11%

17.1km 4:48 午後1時半過ぎ、陽ざしが真上から照りつける下を走る。南よりの風がつよく暑さはさほど感じない。昼食後あまり時間が経っていなかったのではじめ少し苦しかったが、朝とはからだの動き方がちがう。 52.2 11%

17.1km 4:55 さわやかな朝。きょうも風があって気持ちよく走れた。南よりの風だが湿度がなく快い。途中から右膝外側に少しひっかかりを感じるが、たいしたことはないようだ。6月の月間が100kmを超えた。 52.2 11%

17.1km 5:00 快晴。6時の気温は18.8℃だが、日中の最高気温予想は30℃とあって暑くなりそう。朝のうちは風もあって快適に走ることができた。走り出しから右膝にひっかかるような違和感が少しあったので、それをカバーするような小さな走り。 52.6 11%

17.1km 4:54 けさも青空がいっぱいにひろがっている。きのうの真夏日の余韻が空気にのこるが、緑地の中に入れば、風もあって気持ちよく走れた。きのう気になった右膝だが、きょうは嘘のように何事もない。あしたは「雨」かなぁ。 52.4 11%

----- ---- 夜中の激しい雨は朝には一旦上がっていて、6時に目を覚ましたときには雲も薄かったが・・・。きのうの夜小雨が降り出したときから、あしたはちょうどいいお休みになるなぁと思っていたので走ろうとはしなかった。 ---

10

17.1km 5:02 梅雨前線が南下したせいか、空気が入れ替わって北よりの少し冷たい風が吹き涼しい感じ。きのうあたりからちょっと「やな話」があって、きょうの緑地はいつもと違って見えたりして・・・(ひとりごとのページ参照) 52.8 10%

11
----- ---- 親戚の法事に出かけた。豊橋の先「新所原」から第3セクターの天竜浜名湖鉄道を乗り継いでうちから2時間半。1両でワンマンのローカル列車は、線路脇の木々の葉や枝を屋根や窓にザザッザザッと言わせながら走っていた。 ---

12
32.0km 5:06 半田コロナの湯まで、知多半島の背を通るコースで。どんよりした曇り空だが、雨には降られなかった。前半はおさえたが、後半のうねうねした起伏をガシガシ走ってちょっといい気分。でも、ちょっと疲れた。 51.3 11%

13
17.1km 4:49 どんより曇り空。降水確率30%ながら、午前中は雨は大丈夫そうという予報を信じてスタート。幸い、予報は的中し無事走ってこられた。あしたから3日間、ちょっと忙しいスケジュールが待っている。走れるかなぁ・・・ 52.2 11%

14
17.1km 4:40 6時前に起きたときにはまだ降っていた雨が、6時半過ぎに止んだので6:50スタートで走る。このあと出かけなくちゃいけないという思いもあってかはじめからきのうまでより少し速いペースだった。10時の新幹線で静岡へ。 52.2 11%

15
----- ---- きのうは化粧品組合の中部ブロック大会。午後はずっと座ったまま。そして夜は宴会。きょうはクロロフィル美顔教室の美顔師大会。やっぱり午後は講演・セミナーを聞くだけの座ったままの一日。そして、夜は宴会。太ったみたい? ---

16
----- ---- 朝7時半に焼津のホテルを出て10時前に帰宅。14日のお昼からずっとつづいた外食で、おなかまわりがちょっと重いような気がする。そして今夜も、PTA関係の懇親会があってまた「外食」だ。早く帰ってこよっと。 ---

17
----- ---- 6時に起きたときからぽつりぽつりと降り出した雨は予報より早く本降りに。その後一日降り続く。3日9食のうち7食が外食。さらにそのうち3食が宴席で、2食が朝食バイキングという食生活と走らない3日間のおかげで・・・→ 54.0 13%

18
17.1km 4:55 きのうのお返しじゃないだろうけど、予報より早く雨があがり、加えて予報になかった青空がいっぱいにひろがった。中3日のお休みで足取りも軽く!なんて思ったのに、おなかが重く(?)決して楽じゃない走りだった。 52.4 11%

19
31.6km 5:06 東山公園まで走っていく。梅雨の晴れ間の太陽がまぶしく蒸し暑い。ふくらはぎがだるくなってきて林間の一万歩コースの急な上りは歩きが入った。帰路は早めの自販機給水をしたのだが、それでもだるくなってきた。 50.8 10%

20

----- ---- 昨夜は、化粧品メーカーの支店長(同い年)たちと飲んだ。結構量を飲んだが、時間をかけて、しかもいろいろ話ながらだったので、二日酔いはもとよりけだるさもない。ただ帰りが2時過ぎと遅かったので、走る時間には起きられず。 52.2 11%

21
17.1km 4:56 どんよりとした曇り空。走り出してすぐ予報より早く「雨」が落ち始める。途中ひとしきり大粒の雨になる。そのお天気のせいじゃないだろうけど、からだも脚もが重く感じられる。このあと1週間くらい「晴」のマークが見られない。  52.6 11%

22
17.1km 4:54 曇り空。朝6時の気温が23.8℃。風も生暖かく蒸し暑い。脚の重さはきのうよりは「楽」だ。きょうでなんとか月間300kmを超えた。今後の予報を考えると400km台にのせるのはなかなか難しそうだ。 52.2 11%

23
10.0km 4:31 降り続いていた雨が小止みになったので走り出した。最後まで大降りにはならずなんとか2周走れた。1周目が4:40ペース。2周目は後半の上りですこしがんばって、4:20ペース。夜は、おいしく楽しいお酒でちょっと夜更かし。 52.7 10%

24
17.1km 4:51 ちょっと眠くてけさは30分遅れで走る。黒く不気味な雲が見えるが、うっすら陽ざしものぞいていたりする。湿度が高く汗いっぱい。そのわりに体重の落ちが少ないのは何故だろう。 52.2 11%

25
----- --- 目覚めた6時の時点では雨は落ちていなかった。しかし、予報はわるいし、空の色もどんより鉛色だったので走るのをあきらめ、また少し眠る。あとから聞くと1時間くらいは走れたみたいだった・・・。 ---

26
17.1km 4:51 けさも曇り空。さぁ、走るぞとドアを開けたら大粒の雨が。予報は「くもり」だったので、それを信じて少し待ち、20分後にスタート。梅雨寒という感じでひんやりした空気だ。くわえて後半は霧雨の中となる。 52.6 12%

27
17.1km 4:50 予報は「雨」。降水確率100%。でも、小止みになっていたので6時50分にスタート。少しづつ雨脚は強くなっていったけど、緑地の中の半分くらいは木々のつくる緑のトンネルのおかげでさほど気にならず。帰路では少し濡れた。 52.6 12%

28
17.1km 4:51 予報は「雨のちくもり」、降水確率90%。となりの岐阜県東濃地方には大雨洪水警報が出ているという状況だったが、とりあえず雨が止んでいるからとスタート。やはり後半の40分は雨の中の走りとなった。ふくらはぎが重い。 52.2 11%

29
20.3km 4:49 6時には青空がひろがり明るい陽ざしも射していたのに、走りだした7時前にはどんより曇り空。ほどなくシャワーのような雨が・・・きょうは「梅雨の中休み」の予報だったのに。でも1周多く走って月間400をクリア! 52.0 11%
30 13.9km 5:00 きのうの罪滅ぼしか、「くもり」の予報なのに、お日様が顔を出したが、とても蒸し暑い朝となった。けさは、起き抜けからからだがだるく感じられたので、きのうとは逆に1周少なくした。 51.8 11%

まとめ  

梅雨というのに、ことしは結構走れたなぁ・・・って感じがする。とくに月の後半は、雨との神経戦という感じで空をにらんでいたような気がする。なんだかんだといって400という壁は意識の中にずっとあって、できるものなら達成したいという「目標」となっている。


               5月の日誌へ

          ランナーのページに戻る    トップページに戻る